2011/1/21 | 投稿者: クロちゃん

朝刊の埼玉版大きな見出しで「山岳遭難 件数・人数とも最多」とあって、その記事に目が行ってしまいました。
ふむふむ…。

昨年の県内の山岳遭難件数60件、遭難者104人で、統計を取り始めた1991年以降最多だった。
埼玉県内というと遠い場所に感じますが、埼玉県の山のほとんどは秩父なんですね。
すると…。
とっても身近に感じます。

そして…。
「50歳以上や初心者目立つ」
これもまた身近に感じる文字です。

クリックすると元のサイズで表示します


もし遭難してしまったら…。
多くの人達に迷惑をかけ、何より自分の楽しみがそこで終わってしまいます。
そんなことにならないように、自分の体力・技術に合った山を楽しもう。

決して無理をせず、油断せず、時には引き返す勇気を持つ。
そんなことを思い描いた朝でした。

杣みちの会の年間計画を作った。
不思議にみんな去年より歳を重ねている。1年経つと1つ歳が増えるんですねぇ。
当たり前か。
自分だけは若いつもりでいましたが、気がつくと50代に突入していました。


若い杣みちの会メンバーも同じです。(ん!私が2番目に若いのか!)
気持ちはまだまだ若いのですが、体力はいつまでも若くないのです。

杣みちの会の山行計画はハードな山を控え目にして楽しむ山を選びました。




にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρお願い!ポチッ★(^○^)/



0




AutoPage最新お知らせ