2011/1/26 | 投稿者: クロちゃん

四季彩館から車道をてくてくと歩きます。
車道には指導標はないので入口を探して少し迷いました。

自慢じゃないが、私の道迷いは得意分野です。

方向音痴×思い込み+天邪鬼の心=道迷い

これで立派な方程式が成り立ちます。( ̄^ ̄)

でも、迷っているだけでは目的は達成しません。
犬の散歩している人に親切に教えていただき山の入口に指導標を発見した後は要所要所に指導標があって迷うことはありませんでした。(山の中では…。)

堂山の山頂手前で開けた場所から蜃気楼のようなスカイツリーが望めました。
本日最初の感激です。

すっかりツリーだー。o(*^▽^*)o~♪
いえ、スカイツリーだー。

クリックすると元のサイズで表示します


残念ながら画像には写りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


ジーッとみていると心の目で見えます。たぶん…。

筑波山も空に浮かんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します




緩やかに登った先が堂山山頂です。
樹木の中で展望は得られませんが、明るい山頂は小休憩に良い空間でした。
この後、快適な尾根歩きを楽しみ、ちょっとした急坂で山の雰囲気を味わって雷電山です。

クリックすると元のサイズで表示します


途中で単独のハイカーの人に出会ったと思ったら狩猟の人でした。
そうか、今は狩猟期なのです。
雷電山も展望がありませんが、山の神が祀られていました。

コースは雀川ダムに向かって下りの道を辿りました。
雀川ダムは公園になっています。

クリックすると元のサイズで表示します


食事したら眠くなってしまいました。いつしか気温も上がって春眠暁を覚えずの環境です。
ウォーキングマップで確認するとまだ半分の行程でした。再び車道歩きから山に入り、最後は野生の勘で目標の場所に出ました。

ときがわ町ハイキングは早春の梅の香りが似合いそうです。

『ときがわと云うと木の村で有名です。巨木巡りをするのが一般的ですねぇ。しかし、今回は巨木に近づいていません。何が目的だったのでしょうかねぇ。天邪鬼の心は普通の人には理解できません。きっと何かがあったのだと思います。君もそう思いませんか。美味しい紅茶でもいかがですか。』by右京

帰り道の最後に出会って挨拶を交わした人が不思議そうな顔で我々を見つめていました。
この時期に周回コースを歩く人間は希少価値があるのかな。


山歩日2011年1月23日
コースタイム
四季彩館7:45…8:35堂山8:45…9:30雷電山9:40…10:15雀川ダム(昼食)10:50…12:05四季彩館(入浴)


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρときがわハイキングにお願い!ポチッ★(^○^)/


2




AutoPage最新お知らせ