2011/4/23 | 投稿者: クロちゃん

長瀞といえば「天下の名勝」として名高い。「花の長瀞あの岩畳♪」と秩父音頭でも唄われているほど華やかな景勝を思い浮かべます。
そんな賑やかな春爛漫の長瀞の山間地へちょっと入ったところに人目にふれずひっそりと咲く花たちが微笑んでいました。
塞神峠(さいのかみとうげ)から下山の道を辿ります。

すぐに目にした小さなこの花は…。

クリックすると元のサイズで表示します


ふーむ。(-_-)ゞ
呪文を唱えましょう。
髯・寝・輪・違・草…。ひげねわ違いそう(ヒゲネワチガイソウ)?

不思議な魔法の呪文を唱えるキケンマンと化した人間がキケマン咲く車道をスタスタと駆け降りた先で目にしたものは…。

クリックすると元のサイズで表示します


サワサワと流れる水の音でした。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして何気に沢に目を向けると白い微笑みがありました。

ひとつは遅れて咲くので、まだひとりのニリンソウ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


両神山の日向大谷から清滝小屋に向かう斜面の群生を思い浮かべました。


目覚めのヒトリシズカ

クリックすると元のサイズで表示します


武甲山表参道から「カキット、カキット」の持山寺跡に向かう林の中に群生があるのを思い出しました。


ニャーニャーと賑やかにネコノメソウ

クリックすると元のサイズで表示します


『猫飲めそう』の文字を思いました。ニャー!


ニリンソウにヒトリシズカは今年初めて目にした花でした。
こうして、大勢の観光客で賑わう桜を尻目に花の長瀞の街へと戻りました。
花で胸いっぱいになりましたが、腹減ったぞー。


山歩日2011年4月17日

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ雨でも元気にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ