2011/5/1 | 投稿者: クロちゃん

昨年は荒れた障害物競争のような倒木の道が、すっかり綺麗に復活していた沢沿いのコースを登って、三ツ岩岳の稜線から山頂に立ち、竜王大権現へと周回して来ました。

三ツ岩岳はこの時計回りがお勧めです。逆まわりだと急坂に喘ぐことになります。ゼェゼェ、ヘェヘェを楽しむ人には良いかもしれませんが…。(*^_^*)

さて、沢コースから尾根に出ると前方の岩肌にひとつ花がチラホラと現れます。
ザレた坂をダラダラ登って行くと次第にひとつ花が目立つようになります。
そして、ちょっとした岩場を登ると、ひとつ花の世界が広がります。
その入口にヒカゲツツジが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ひとつ花の微笑む稜線をルンルンと進むと山頂です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


山頂からは四ツ又山、鹿岳、妙義山に浅間山などの上州の山々が眺望できます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


はい、私の山座同定できるのはこれくらいです。
知っている人はこれにたくさんの山名が加わるでしょう。(*^^)v


山頂から少し戻って、沢コースからの分岐を直線に進めば竜王大権現へのコースです。
こちらも山を染めるほどのひとつ花が咲いていました。
稜線のひとつ花と戯れた後は、竜王大権現を経て急坂の下山の道です。

クリックすると元のサイズで表示します


止まると滑るので、リズム良くトントントンと駆け降りましょう。
ここは私の得意技「天狗の舞い」が役立ちました。( ←どんな技だ?)

沢沿いコースの分岐に戻ると春の花の微笑みも待っていました。


シロバナエンレイソウ

クリックすると元のサイズで表示します


エイザンスミレ

クリックすると元のサイズで表示します


コガネネコノメソウ

クリックすると元のサイズで表示します



山歩日2011年4月29日
撮影しながらのコースタイム
大仁田ダム下登山口8:10…8:50尾根9:00…9:40山頂9:50…10:10竜王大権現…10:30分岐…10:40登山口


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρひとつ花にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ