2011/5/4 | 投稿者: クロちゃん

ここからしばらくはニリンソウの咲く道となります。ここはのんびり撮影タイムを楽しみながらの道中となりました。歩く咲きはニリンソウ・ワールドです。
花に夢中になって時間も忘れ、気が付くと山頂は遥かに遠い時間が流れていました。
今日はここで終わりかなと本気で思ってしまいました。

「花の熊倉山」の続きです。


クリックすると元のサイズで表示します


沢沿いの道から植林の道に入ると険しい山道の始まりです。花も極端に少なくなって黙々と登るだけの時間が続きました。
笹平というちょっとした広場に出ると、今度はハシリドコロやコバイケイソウの毒草ワールドとなりました。これだけあると見事な光景です。(画像はありません。)

「まだかな、まだかな〜。」と嫌になるくらい何もない平凡な道を登って行きます。
そして、ようやく城山コースとの分岐に出ました。
ここから山頂は一投足です。

熊倉山の山頂は木々に覆われてほとんど展望はありません。前日の山開きの痕跡がありました。

クリックすると元のサイズで表示します



のんびりと昼食を摂ってゴロリと昼寝をしました。陽だまりの山頂は心地好い大地のベッドとなりました。
どのくらいの時間寝ていたでしょう。急に賑やかになって目覚めたのが頃合いと城山コースを下山することにしました。
すぐにアカヤシオのお出迎えです。
こんなにあったのか〜と思うくらいにたくさんのアカヤシオが見頃となっていました。撮影はむずかしいですが、目で楽しむには素敵な彩りです。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、登山道脇には少なかった。(^^ゞ
そして、以前の記憶を蘇らせます。確か、この辺りでイワウチワが咲いていたと思ったが…。
キョロキョロ見回すとありました。
手の届かない岩にひっそりと咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここのイワウチワは純白に近い色でとても綺麗に見えました。
良く見ると、群生はしていませんがあっちにもこっちにも咲いています。イワウチワは岩だけじゃなかった。林内に点々と咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、すっかり満足して下山の道を辿りました。
途中にカタクリ、ヒトリシズカ、スミレ、ミツバコンロンソウなどの花が咲いていましたが、もう充分楽しませてくれたので満足です。(もちろん撮影しましたが…。)

情報:現在、林道コースは通行止めとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2011年4月30日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ熊倉山の花たちにお願い!ポチッ★(^○^)/


4




AutoPage最新お知らせ