2011/5/12 | 投稿者: クロちゃん

皆野町にある美の山は、山頂近くに駐車場があって車で訪れる人が圧倒的に多いです。山頂付近は季節の花が咲き、訪れる人の癒しの公園となっています。
そして、そんな環境からか本格山ノボラーの人たちには敬遠されている印象を持つ山でもあります。


この日もたくさんの人が…。
あらっ、お父さんたちはGWの家族サービスの疲れか、うつむいていらっしゃいますね。

その中でも、今の世の中で一番元気なのがおば様達です。
「あーら、綺麗ね。わはは…。」「その辺でお茶しましょうよ。ガハハ…。」「あら、何!この人、ヘンな人〜。あはははは。」

目立つ場所で這いつくばりのジベタリアンになって、一心不乱で花にカメラを向ける怪人がその場におりました。
「無視、むしー。」嫌でも声は聞こえて来ますが、ここは“忍法・無視”を決め込みましょう。
しかし…。

世の中のおば様は思ったより手強いのです。
「何を撮っているの?スミレ?あら、かわいいスミレが咲いているわね。おほほほほ。」の問いかけに条件反射で反応してしまった。「しまった!」と思っても後の祭りです。
「フデリンドウです。」にこっと、愛想振りまいてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


「あら〜、きれいね。それ、リンドウなの。」「リンドウ、リンドウ、あはははは。」うーむ。手強い。
こんなことならスミレと応えれば良かったかな…。
その場合の反応は…。うーむ。やはり手強い状況になっていたでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します


さて…。
そんな美の山ですが、車では見落としてしまう花も下から歩くとたくさんの花に出会えます。
こんなに花の多い山だったのか〜。

シャガ:所どころに群生していました。

クリックすると元のサイズで表示します


チゴユリ咲く緑の道:緑の風が吹き抜けるとっても気持ち良い道でした。

クリックすると元のサイズで表示します


チゴユリ:歩く道沿いはチゴユリワールドとなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


テンちゃんが見つめる先は…。(テンナンショウとマムシ草の違いが解りません。)

クリックすると元のサイズで表示します


ジュウニヒトエ:数は少なかったですが、集合していました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


イカリソウ:エイリアンのような花があちこちに咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


カキドオシ:道端にひっそりと集合していました。

クリックすると元のサイズで表示します


ヤマオダマキ:登山道を横切る道路脇で見かけました。

クリックすると元のサイズで表示します


そして、ヤマツツジが咲き始め、美の山はツツジ色に染める日が近そうです。

クリックすると元のサイズで表示します



スミレの学校は山のなか〜♪
   そーっとのぞいてみてごらん♪
      みんなでお遊戯しているよ〜♪


クリックすると元のサイズで表示します


色んな種類のスミレが咲いていましたが、スミレの名前はさっぱりわかりません。



撮影日2011年5月4日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ花の美の山にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ