2011/5/25 | 投稿者: クロちゃん

鳴神山のレポ途中ですが、気になる花の正体を探して、見つけることができました。(たぶん、これだと思います。)

「大小山の記憶」の続きです。( ← 記憶にあるでしょうか?)


大小山の女坂を下っていくと…。
黄色の藤のような花が咲いていました。
「みて、みてー。これ、なんていう花かしら〜。」同行者から黄色い声にはちと無理のある声が上がった。

当然の如く、花に疎い私などに解る筈もないのだが…。
何故かメンバーの視線は花から私に移る…。
「あのね。いくら私が山を歩くことが多いからと言って、花に詳しい訳ではないのよ。」( ̄^ ̄)
そう言いたかったが、そう言える雰囲気ではなかった。
何故か物知り博士におだてあげられているような気配を感じた。(残念ながら登る木が近くにない。)

「黄色の藤を見に行きましょう。」(=^0^=)/
得意の話題転換法を駆使してこの難局を乗り切ろうとしたのでしたが…。
足を止めたメンバーは、、、|・) ジー (゚∀゚; 

花の正体は、ジャケツイバラ

クリックすると元のサイズで表示します


なんだかバケツとバラを組み合わせたような名前であるが、花の名前が解ると(間違っていたとしても)嬉しいものです。
それほど珍しい植物ではないようですが、人生で初めて目にしたような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します


そして大小山から下山して…。
足利フラワーパークに咲いていた黄色の藤との違いは歴然としていました。
「やっぱり山で見た花とは違いますねぇ。」笑ってごまかそうとする私の周りには誰もいませんでした。

あれぇ〜、みんなどこに行っちゃったの?

山のリーダーは、街では足手まといの存在となっていたのでした。


撮影日2011年5月15日

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ黄になったらお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ