2011/5/27 | 投稿者: クロちゃん

山頂近くまで出会った人は3人だけで、この山は歩く人が少ないのかなと思いながら、鳴神山の山頂に着きました。

「カッコウソウ咲く鳴神山」の続きです。

360度の展望の景色は霞んでいて残念賞でした。天気が良いと素晴らしい景色が待っていそうです。
今日は心の目で眺めましょう。

静かな湖畔の森の中から もう起きちゃいかがと カッコウが鳴く♪

カッコウは鳴いていませんが、静かだった山頂が目覚めたように次から次へと人がやって来て、あっと云う間に賑やかな山頂になりました。

ピーチクパーチク、いや、感覚はビーチクバーチクでしょう。
あっ、不適切な表現ですみません。
素直な感覚です。(^_^)v
こういう時は兵法三十六計でしょう。
ε=ε=ε=( ^o^)/ ニゲロー

スタコラサッサで山頂を後にしました。
山頂付近にはコイワイカガミが群生していました。山頂ではありません。ちょっと下がった斜面に隠れるように咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



そして、稜線にはヤマツツジのトンネルです。

クリックすると元のサイズで表示します



下山途中でもたくさんの人が山頂を目指していました。鳴神山の人気の高さが伺えます。
一般的に登る人の時間帯よりちょっとだけ早い時間だったので、ちょっとだけでしたが静かな時間も過ごせたのでしょう。
これも天邪鬼精神の賜物でした。

さあて、温泉に入って、次の目的地に向かいましょう。

山歩日2011年5月21日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ鳴神山にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ