2011/6/6 | 投稿者: クロちゃん

重い酒と食料を担いで歩いた先のテント場に待っていたものは予想外の展開でありました。
いつもはテント場に着くや否や「カンパーイ」となるのですが、今回は違いました。久しぶりに真面目に歩いたのです。
歩くことドンガメの如し

クリックすると元のサイズで表示します


午後4時30分。
テント場に戻って、早速夕食となりました。お待ちかねの夕餉の時間です。ビールをプシュッでゴクゴクゴク…。
至福の時間でありました。
メインの焼き肉を始めた時でした。
一匹の風林火山を伝承する(?)甲斐の犬がやってきました。
疾(はや)きこと風の如く

クリックすると元のサイズで表示します


このワンちゃん、とてもお利口さんです。吠えることもなく一定の距離を置いてジッと見つめています。
徐(しず)かなること林の如く

クリックすると元のサイズで表示します


そして、我々の心を奪って行くのです。愛情訴求法を心得た忍者犬でしょうか。ガスストーブの火力を調節しているのを見つめています。こうなるとあげたくなってしまうのが人情です。
侵(おか)し掠(かす)めること火の如く

そのうち座り込んでしまいました。
動かざること山の如し

クリックすると元のサイズで表示します


指図しているような感じ。「ほれ、それもう焼けているワン。」とでも云っているような態度です。

お前はお父さん犬か!

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、焼き肉をしている間中、我々の行動を監視しているのでした。
「ほれ、トマトも食うか?」トマトを差し出すと「フン!」と横を向きます。

クリックすると元のサイズで表示します


生意気なヤツだなぁ。

甲斐の犬は風林火山を心得た賢い犬なのでしょうか。
これも楽しい時間でありました。
大量に担ぎあげたお肉完食〜。

山歩日2011年6月4日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρお願い!ワンクリックのポチッ★(^○^)/


5




AutoPage最新お知らせ