2011/6/7 | 投稿者: クロちゃん

朝5時、秩父を出発して奥多摩経由で三ノ瀬の登山口を目指しました。朝の早い時間帯は道が空いていてスイスイです。
前を走るダンプは道を譲ってくれます。しかも数台の車が同じでした。
譲り合いの気持ちが嬉しいです。

小河内ダムでトイレタイムとして国道としてはちょっと狭い道を登山口に向かいました。
この先でハプニングが待っていました。
三ノ瀬への林道入口が崩落による通行止めのゲートが閉まっていたのです。
えっ、えーっ。w(゚o゚)w
「出鼻をくじかれた。」とはこういうことでしょうか。

仕方なく、柳沢峠方面に進んで作場平経由で向かうことにしました。
通行止めはまったくの予想外でした。
一瞬ですが、笠取山に変更しようかとも思ってしまいました。
しかし、作場平の駐車場はすでに満車状態でこの気持ちはすぐに失せました。笠取山の人気に脱帽です。(帽子はタオルですが…。)

中島橋の駐車場に着くと、4〜5台の車がありました。
当初は「民宿みはらし」に車を置こうかと考えていましたが、結果的に此処の駐車場に車を置いて正解だったでしょう。
こちらは無料、民宿みはらしは有料500円です。
しかも民宿みはらしの駐車場はすでに満車状態にプラス・バスまで止まっていました。
ちょっとロス時間はありましたが、秩父から車で3時間の道のりでした。



計画は将監小屋にテント泊です。
将監峠は「しょうげんとうげ」と読むんですね。地名と人の名前の読み方はむずかしい。

サッと支度して歩き始めると、通行止めのはずの方向から次々と車がやって来ました。
「なんで?」ハテナマークを頭の上に浮かべながら登山口を目指しました。

登山口付近で、通行止めの情報収集です。
「はぁ?普通に通れましたよ。何かありましたか?」が多数意見。
「通行止めでグルッと回る羽目になってしまいました。」が少数意見。
これは???

クリックすると元のサイズで表示します


謎を残して、登山口から今宵の宿である将監小屋を目指しました。

クリックすると元のサイズで表示します


奥秩父は2000メートル級の山々が連なる目的地です。
急登を覚悟しましたが、どこまでも続く緩やかなダラダラ歩きに「この先、きっとキツくなる筈だ。」と思いながら、緩やかなまま目的地に到着してしまいました。
正直、気合い空回りの拍子抜けの道でした。登山口から約2時間、このコースは楽なお勧めの道です。

クリックすると元のサイズで表示します
大菩薩と富士山


クリックすると元のサイズで表示します


この先がきついのでしょうか。
テントを張って、水と食料と雨具をサブザックに入れて飛竜山を目指しました。(つもりでしたが)どこまでも続く平和で平坦な道に不安が高まって行くのでした。
進む道に指導標がほとんどありません。


続きます。

山歩日2011年6月4日

秩父5:00--8:00中島橋P8:15…8:30登山口…10:25将監小屋…
中島橋の駐車場は10台ほど止められる立派に整備された広さです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ飛竜への道にお願い!ポチッ★(^○^)/



1




AutoPage最新お知らせ