2011/6/8 | 投稿者: クロちゃん

テントをサッと張って、早めの昼食としました。のんびりと休憩して、身軽な支度で将監小屋のテント場をあとにしました。

飛竜への道(アプローチ編)の続きです。

お待たせしました。それでは、参りましょう。その前に気になる小屋前の水場で美味しい水をガブガブ…。
おや!
早く行ってクリンソウ。ゞ(`´ ) シッシッシ
クリックすると元のサイズで表示します


いきなりの登りに気を引き締めましたが、すぐに道は平坦となってどこまでもこの状態が続きます。
思い描いていた道とワチガイソウ(道とは違いそう。)
クリックすると元のサイズで表示します


この子がたくさん出迎えてくれました。撮影しながらあっという間に笹の茂る平坦な道に出ました。
そして、あっちにもこっちにも白い微笑みを目にして…。
のんびりとオオカメノキぶん(大亀の気分)で歩みます。
クリックすると元のサイズで表示します


コミヤマカタバミ咲くワールドに突入すると、亀は歩みを止めます。
クリックすると元のサイズで表示します


そして、涼しい風に岩屈み(イワカガミ)←徐々に苦しくなって来たのが自分でもわかります。(^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します



これから向かう飛竜山の山容が目の前に現れました。イワカガミは近付けない絶壁にたくさん咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します


ゲッ、まだあんなに遠いのか…。高所恐怖症にはこの岩でイワカガミの撮影はむずかしいです。(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します


しかし、歩いているといつかは着くのです。休んでいるといつまで経っても着きません。
遠くに見えた山容も一歩づつ近づきます。人間の足ってすごいなぁ。そう感じる素直な心です。
禿岩にはお待ちかねのシャクナゲ登場です。
クリックすると元のサイズで表示します


そしてこの時、昭文社の地図を眺めて首を傾げるのでした。
飛竜山々頂方面には確かに歩いた形跡があります。
しかし、何か変だ。飛竜山は山梨百名山です。指導標くらいあっても良い筈だ。
ここはじっくりと、過去の道迷いの教訓を活かして野生の勘を働かせましょう。

登頂編に続きます。


山歩日2011年6月4日

秩父5:00--8:00中島橋P8:15…8:30登山口…10:25将監小屋11:00…13:30禿岩…


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ飛竜へ花山歩にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ