2011/6/19 | 投稿者: クロちゃん

「みんな、足元注意ですよ〜。」下りの道は木の根や石でちょっと注意が必要です。シロヤシオに見惚れてついうっかりつまづいてはなりません。
「はーい。」返事はどこまでも明るく軽い声でありました。

高山はシロヤシオだけではありません。大自然の中にブナやミズナラの大木が当たり前のようにあちこちにドーンと構えていました。
そして、「シロヤシオ以外に花はないのか〜。」そう喚(わめ)く先に、きちんと可憐な花も待っていました。

クワガタソウ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


あっちこっちに可愛い姿が見られました。
ちょっとだけマイヅルソウも咲き、ヤマツツジが咲き、クリンソウの千手ヶ浜へと花の道が続きました。
このコースは花の好きな人の心を掴んでいる親切な山と感じました。
木々の中の道はとっても明るい空間でした。心の中が浄化されて行くのを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します


しかも、砂浜の湖まであるのが嬉しいです。
水をちびっと舐めてみたら普通の淡水でした。(←当たり前ですが…。)

クリックすると元のサイズで表示します


帰り道…。
「足の裏がジンジンして来たー。」花が少なくなると現実を思い出すようです。
「私もー。」誰かが口にすると、伝染するようです。
「クロちゃんは平気なの?」平然とニコニコしている私に目が向けられました。
「私も人間ですから、足の裏ジンジンしますよ〜。」正直に応えます。
「あら、人間だったの。」「えーっ、何?そうだったの〜。」奇異な目で賞賛の言葉を浴びせます。

こういう時は得意の話題転換法を使いましょう。
「そういえば、セミの声が聞こえないですね。」小鳥の囀りが聞えます。
高山ではあれほど賑やかだったハルゼミの大合唱が、いつの間にか小鳥の囀りに代わっていました。
そうして、小さなアップダウンはありましたが、平坦な中禅寺湖畔の遊歩道を歩き、竜頭の滝に着きました。

長かったようで短い、新鮮な空気をいっぱい吸い込んで、色んな花に巡り合って楽しかった高山の山行が終わりました。


山歩日2011年6月12日

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ今日もポチッとありがとうございます。★(^○^)/


0




AutoPage最新お知らせ