2011/7/4 | 投稿者: クロちゃん

最近の山の会メンバーに通知する案内文には「体力★★★技術★★★展望★★★」の3つの評価を表示しております。
評価は3段階で、私の感じた主観で星の数をつけています。「★」が多いとその評価が高いという意味です。
今回浅草岳の案内文に記した評価は「すべて三ツ星」でした。カッコ良く「オール・三ツ星」〜。ヽ(^o^)ρ

当日の朝、集合したメンバーの一人から開口一番。
「クロちゃん、raymariさんて知っている?」の質問がありました。
「えっ、昨年何度か同じ日に同じ山に向かったニアミスがありますが、まだ逢ったことはありません。」誘導尋問に引っ掛かるが如く応えました。
「そう、うふふ。」意味深な笑いを浮かべます。

こうなるとこちらがとっても気になります。
「えーっ、どうしてraymariさんを知っているの?どこかで逢ったんですか?」興味津々で質問を向けました。

「浅草岳で調べたら、記事が出て来たのよ。沢を渡るらしいわね。結構きつそうじゃない。うふふ。」どうやら、すべて三ツ星が気になって、ネットで事前情報を調べたらしいです。感心、感心…。
って、なんで「クロちゃんのページ」で調べないんだー。\(`o’”) コラーッ

画像をクリックすると昨年のレポが見られます。




浅草岳の情報はこちら「rayとmariの週末は山歩き」で、「すべて三ツ星」の裏取りをしたようです。

今回「すべて三ツ星」のヒメサユリ咲く浅草岳に参加の手をあげたのは総勢12名でした。
2台の車に分乗して一路新潟の小出インターから登山口のネズモチ平駐車場を目指します。
「雪渓、ストック、アイゼン」と恐怖の文言を案内文に掲載していましたので、車内は緊張ムードが…。
まったくありません。(^^ゞ

「それでさぁ。あはは…。」「だからさぁ。おほほほ…。」の中に混ざって…。
「今日はどこの山に行くの〜。楽しみね♪」の声もあったような…。

こうして、和気藹々、騒音は車外に漏れないと思いますが、登山口に着いた時には笑い疲れた表情が並びました。広い駐車場にはたくさんの車が止まっていました。ヒメサユリの人気の高さが伺えます。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでビシッと決めて緊張感を植え付けるのがリーダーの役目です。
「歩いていれば着きますよ〜。」「はーい。」どこまでも軽いノリで「すべて三ツ星」の浅草岳が始まりました。
笑い声は2つ目の沢を渡った先から聞こえなくなったような気もしますが…。

クリックすると元のサイズで表示します


次第に傾斜を強めて行く道にヒメサユリの姿も確認できました。途端に元気になってまた登ります。

クリックすると元のサイズで表示します


すべて三ツ星の山の登りは当「杣みちの会」メンバーにとって久しぶりにハー度の高い山だったかな。


続きます


山歩日2011年7月2日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ美しい姫にお願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ