2011/8/3 | 投稿者: クロちゃん

週末の土曜日は霧ヶ峰グルリを目論んで前夜発で出掛けました。
霧ヶ峰は2回目ですが、前回は山の会でバスで行っています。道や駐車場は運転手さん任せです。
なので、駐車場のことなんて良く分かっていませんでした。
八島ヶ原湿原から車山を周回と思って八島園地の駐車場に向かいました。
ところが、「駐車場は2時間以内でお願いします。」の看板が暗闇に浮かんだのです。
2時間以内では私の思惑は叶いません。
Uターンして車山肩の駐車場に向かいました。
すると…。
「駐車場は2〜3時間以内にお願いします。」の看板が暗闇に浮かびました。

どう計算しても、私の短い足では無理そうです。
そこで、先ほど通過したPマークのところへ行ってみようと思って再びUターンです。

この時点で半ば嫌気が差して来ていました。
場所の選定を間違えたかな。

夜中近い時間帯は車の姿はほとんどありませんでした。
直後、日本の山の現実、霧ヶ峰の現実を目にしたのです。

今まですっきりしていた視界が突如として霧に覆われました。
さすがに霧ヶ峰です。半端じゃない霧の濃さです。
車のライトは上向きでは見え憎いので下向きにしました。

もうすぐ目的のPマークの地点だろうと思ったその時です。
目の前のヘッドライトに浮かんだ物体は〜。
「ワレワレハ ウチュウジン ダ」では、ありません。(^^ ;
下向きにしたライトに映ったものは…。

鹿さんです。
しかも鹿も、車が近寄っても逃げようとしません。
まるで自分たちの縄張りに余所者が入って来たかとでも言いたそうな顔でこちらをじっと見ています。
更に近づくと3頭もいるではありませんか。

すみませんね。ちょっと通してください。
「通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの 細通じゃ♪」
「ちっと通して 下しゃんせ♪」
「御用のないもの 通しゃせぬ♪」
などと、頭の中で鹿と駆け引きです。しかたないなぁ。こうなりゃ、強行突破じゃー。\(`o’”) コラーッ

ヤナギラン

クリックすると元のサイズで表示します



こうしてしぶしぶと道路脇に寄った鹿さんを尻目に無事通過しました。
Pマークのところは「霧の駅」という広い駐車場でした。
ここは何も書かれていません。
ずいぶん右往左往しましたが、ここで車中泊することにしました。

私にしては珍しく寝酒の気持ちも沸きません。
それより、先ほどの出来事で冷や汗をかき、全身びっしょりです。
正直、気持ち悪くて「明日はダメかな。」なんて弱気な気持ちになりました。(冷や汗と弱気な気持ちは車酔いだったみたいです。) ← 乗り物に弱い私はたまに自分で運転していて車酔いしてしまいます。(^^ゞ

寝袋につつまれて、羊が1匹…。
5匹めは記憶にないまま夜が明けました。
そして、こんな光景が待っていました。


左クリックしてご覧ください。↓




にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρここを狙って〜、お願い!ポチッ★(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ