2011/8/8 | 投稿者: クロちゃん

やって来ました。木曽の御嶽です。
秩父から車中一泊の山歩で霧ヶ峰を経て、此処御嶽の王滝口コース・田ノ原登山口まで遂に一般道を走り貫きました。
一般的には「タイム・イズ・マネー」ですが、一般道を走るのも色んな発見があって楽しいものです。
しかも、比較的空いていて信号が少なく快適に運転出来た気がします。時間に余裕があって温泉にのんびりと入って登山口に向かいました。

ところで、いつものように事前の情報不足で向かいましたが、御嶽って信仰の山なんですね。
登山口に近づくにつれてその雰囲気がひしひしと伝わって来ました。天邪鬼の邪鬼が浄化されて行くのが分かります。


天邪鬼 あまのじゃく 天邪鬼の邪鬼をとったら 天♪

そうだ。明日は天空人になるんだ〜。ヾヾ(*^▽^*)〃〃

クリックすると元のサイズで表示します

合成写真です。(^^ゞ



この日も駐車場に着いて車中泊でした。
すっかり車上生活が板についていますが、翌朝3時に雨音で目覚めたら、駐車場はほぼ埋まっていました。
いつの間に…。

有名な山は前夜泊が当たり前になっているのでしょうか。雨が止むのを待って、4時10分御嶽への道が始まりました。
平坦な道から階段状の道になり、やがて石ゴロの道となって高度を稼いでいる感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します


雲の合間から神々しい御来光です。

クリックすると元のサイズで表示します



そして、周囲がすっかり明るくなると雲の上に来ていると実感する景色が広がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

私は雲上人よーん。
うーん。ファンタジーな世界だな。幻想的だな。信仰の山だなぁ。


見上げる前方に見える建物が何か巨大な要塞にも感じてしまいました。
この時ふと思ったのです。登る人達は黙々と何かを求めて懸命に歩いているような気配がしました。

クリックすると元のサイズで表示します


私のいでたちは場違いなような白装束姿が目立ちます。
オレンジタオルはまずいかな…。
でも、青空だからなんでもいいや〜。

クリックすると元のサイズで表示します


あまりにも素晴らしい夏の青い空が広がっていました。
下界では集中豪雨らしい。ここは別世界であります。

しかし、剣ケ峰を目指して神の領域に足を一歩踏み入れた時、それは変わってしまいました。
青空が隠されてしまったのです。そう、まるで神々が歓迎しない人間がやって来たとでも云わんばかりの仕打ちに思えました。


そしてこの後、情報不足を後悔する道が待っていたのでした。


続きます。

後悔する道はデジブックの中にヒントがあります。
左クリックしてご覧ください。↓



コースタイム
田ノ原登山口4:10…5:15八合目(休)…6:15九合目…6:35王滝頂上(朝食休)7:00…7:20御嶽(剣ケ峰)7:30…8:20二ノ池(休)8:35…8:50王滝頂上…10:20田ノ原登山口


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ御嶽への道にお願い!ポチッ★(^○^)/


2




AutoPage最新お知らせ