2012/1/19 | 投稿者: クロちゃん

伊予ヶ岳から下山後に嵯峨山の登山口を目指して車で移動しました。
登山口はすぐに見つかったのですが、駐車場が分かりません。
車の置き場所をさがさんと…。
嵯峨山方面の矢印に従って車を走らせます。

クリックすると元のサイズで表示します


この道、狭すぎます!
「対向車が来たらどうしよう。」このまま進むのが不安になって県道まで戻りました。
駐車場所を求めてちょっとウロウロしましたが、道路脇の駐車スペースを見つけて歩き始めました。
狭い車道も歩きなら安心です。
そして、この分岐で立ち止まりました。
右か左か。どっち?案内する標識は見当たりません。ここには欲しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します


この時、参考図書からコピーした地図を車の中に置いて来てしまったことに気が付きました。
これが「まさかの坂」の始まりです。
この分岐は左が正解でした。
しばらく歩いて行くと、数台の車が止まっている駐車場を発見しました。
ここから水仙の道の始まりです。

クリックすると元のサイズで表示します


ルンルンルンと歩いて、朽ちそうになった古い丸太橋を渡ってまた分岐です。
右か左か。どっち?案内する標識は見当たりません。ここには欲しいところです。
左に行ったら間違いでした。薄い踏み跡を登って行って明確な道に出ました。
ここも水仙の園です。

クリックすると元のサイズで表示します


この先、それなりの坂の登りが続きましたが、「なんだ坂、こんな坂」と登って行き、「嵯峨山→」の標識を発見しました。
ここから水仙ピークまでロープがある急な坂でした。
登り終えれば、痩せ尾根の小さなアップダウンで嵯峨山山頂です。

山頂は展望がありません。
ちょっと先に山の神と開けた場所がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ふと足元に「小保田→」の小さな標識を見つけました。
これがまさかの道迷いの大きなロス時間となる入口でありました。

山歩日2011年1月14日
コースタイム
小保田バス停9:00…9:15駐車場…9:45水仙ピーク…9:55嵯峨山山頂…

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρまさかの期待にお願い!ポチッ★(^○^)/


4




AutoPage最新お知らせ