2012/3/22 | 投稿者: クロちゃん

ず、ず、ずっこけ〜。ず、ず、ずっこけ〜。ず、ず、ずるっとこけたー。ずるっとこけて「ずっこけた。」と略す。
(o_△_)oゴロン(o_ _)o

今まで、重心の低い私はほとんど転んだことはありませんでした。( ̄^ ̄)
雪歩きで前のめりにバタッとはありますが、ズルッとお尻をつくことはほとんど記憶にありません。
しかも、3回も同じパターンを繰り返してしまいました。
これはもしや、老化現象か…。
実年齢はおじさんだが、精神年齢は子供の私が、こんな醜態をさらしてしまうとは…。
今年の山の気候は何か変である。

しかも、転んだ場所が、綺麗な雪の上なら良かったのですが、ドロドロの土の上でした。
当然ながら、衣服は泥だらけになりました。
3度めは雪の上でしたが、なんで汚れる場所で転ぶのだ。
「ビチャー。」の状態でした。
冷たい!悲しい。(><;)

クリックすると元のサイズで表示します


武川岳から焼山に至るコースは「これでもか!」と激下りの急坂が待ち受けています。
「こんなにあったかな?」と記憶にないくらい続きました。
過去何度も歩いていますが、この日ほど雪はなく、難なく通過していたので記憶も薄れていたのでしょう。
私が代表してずっこけたので、他のメンバーは全員無事…。の筈はなく何名か起き上がって笑っていました。
ずるっとずっこけ→むくっと起き上がり→あははは…。の方程式が出来上がっていました。これを略して「笑いこける」としよう。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、そんな場面を通って小さなアップダウンを繰り返して、最後の登りを「うんとこしょ。どっこいしょ。」と登り詰めれば、目の前に手の届くような武甲山が聳える焼山です。

クリックすると元のサイズで表示します


しかーし、山頂に到着した瞬間に見る見る霧が周囲の山を隠して行きました。

クリックすると元のサイズで表示します


更に風が雨を呼ぶ。雨!
寒い山頂での昼食を諦めて、いったんちょっと戻り、風の弱い植林の中で円になりました。
「雨は早過ぎるよな〜。確か予報では3時だったのにな。」苦笑しながらわいわいと食事の時間が過ぎて行きました。

そんな状況の中で、参加したメンバーの顔は、ランランと嬉しそうな笑顔が並びました。
「久しぶりに山歩きを楽しめたわ。」
「面白かったわねぇ。」
うむ。逞しいメンバー達であります。

さて、焼山林道を辿って帰りましょう。
家に帰った私は、家族が留守を確認して、泥だらけの衣服をそっと洗濯機に放り込みました。

ずるっと転ぶ時はお尻から  お尻から落ちて手をつきましょう。

それが安全な転び方です。
うむ。良い転び方の練習ができた。

山歩日2012年3月18日
杣みちの会メンバー8名

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρずっこけても笑顔でポチッ★(^○^)/



1

2012/3/21 | 投稿者: クロちゃん

名栗元気プラザの駐車場に車を置いて武川岳の登山口である山伏峠を目指しました。
どんよりの天気でも、杣みちの会メンバーは元気な笑顔が並びました。朝から夕方みたいな天気ですが…。
それにしても、この時期に此処から山に向かう人は少ないのでしょうか。
誰もいない…。(^^ ; ^^)
おっ、ひとり来た。良かったー。
「伊豆ケ岳からの下りで滑って転んじゃいました。」単独の男性ははにかみながら話してくれました。
よし!滑って転ばないように気をつけよう。と、この時、気持ちを引き締めたのですが、この先とんでもない現実が待ち受けていました。

車道をしばらく歩いて、山伏峠に着くと早くも「暑い〜。」の合唱が始まっていました。
はい、着せ替え休憩です。犯罪にならない程度に脱いでね。

ここから、植林の道を喘ぎ登ります。
「もう、汗が出て止まらない。暑い〜。」でまた体温調整休憩です。
えっ、まだ脱ぐの!いったい何枚重ね着しているのでしょう?犯罪にならない程度に脱いでね。

クリックすると元のサイズで表示します


やがて道は融け始めた雪が現れました。時々現れる道標に距離が書いてあります。
「ゲッ、まだこんなにあるの。武川岳ってこんなに遠かったっけ?」かなり歩いたような気がして、歩いた距離が500メートルだったりします。
ちょっとしか歩いていないのに、歩いた距離が800メートルだったりします。
自分の勘で計算した距離と比べて出した結論は「この距離表示はおかしい。間違っている。」になります。

雪は次第に深くなって行きました。
では、アイゼン装着講習会としましょう。

アイゼンはたまにしか使用する機会がないので、装着が簡単なのが良いでしょう。本格的な雪山なら別ですが、里山なら軽アイゼンが心強い味方になります。
たまに、謎解き型のアイゼンも見かけますが、山に行く前に家で装着の練習しておきましょう。
山馴れた当会メンバーの場合。バッチリと…。
「あれ〜、これ、どう着けるの?」と、しっかり忘れています。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


「休んでいると寒いね。」山の上はひんやりとした空気が流れます。
「この先はもう汗を掻くような登りはないでしょう。」勝手に想像でモノいうリーダーです。

「はい、次は冷や汗が待っていますよ〜。」(=^0^=)/

クリックすると元のサイズで表示します


まさか、冷や汗が現実になろうとは、この時点では微塵も思いませんでした。
武川岳から雪のアドベンチャーコースに突入です。


山歩日2012年3月18日
杣みちの会メンバー8名

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ雪道でも笑顔でポチッ★(^○^)/


1

2012/3/20 | 投稿者: クロちゃん

暑さ寒さも彼岸まで〜。
今日は春を肌で感じる日でした。o(*^▽^*)o~♪

今朝、いつものようにブログに記事投稿しようとしたら、無情の「障害発生によりメンテナンス中」のメッセージが現れました。

爽やかな朝の気持ちが空まわりとなってしまいました。
そこで、今朝の記事投稿の内容を変更して、2年前に行った「弥彦から花便り」をお届けします。

クリックすると元のサイズで表示します


もうすぐ、もうすぐ、たくさんの花が微笑む春だー。\( ^∇^)/θ☆

クリックすると元のサイズで表示します


海無し県の秩父から遠路はるばる訪れた弥彦の山はたくさんの花で迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


そして、たくさんのブロガーも集いました。
みんな、良い人だったなぁ。(ーヘー;)

クリックすると元のサイズで表示します


あっ、たくさんのブロガーは今も健在で活躍中です。(=^0^=)/

クリックすると元のサイズで表示します


新潟県、弥彦山、角田山、また再訪したい花の楽園です。





にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ春を感じたらポチッ★(^○^)/




今年も花の奴隷になりそうな予感…。

クリックすると元のサイズで表示します

2




AutoPage最新お知らせ