2013/7/18 | 投稿者: クロちゃん

前山サマーリフトの下にある無料駐車場に車を置いて歩き始めます。ここは15台くらい止められる広さでした。
リフトは…。
眺めるだけ〜。(=^0^=)
文明の利器を横目に坂道を登ります。すぐに黄色の花が群生していましたが、名前は「シラナイソウ」です。
和名で書くと「知らない草」です。(名前はわからんそう)

クリックすると元のサイズで表示します


登り始めのこの坂、結構きついです。やっぱりリフトに乗って行くのが賢い選択だったでしょうか。
立ち止まって、景色を眺めるふりして一休みします。(*^ー`) フ〜

クリックすると元のサイズで表示します


長く遠い登り坂の続く山ならそんなきつさを感じないのでしょうが、楽な道と頭にインプットされているときつい登りに感じるのです。
これは、気持ちの持ち方でずいぶんと変わります。
登り切ると、あとは平坦な楽な道になります。
ほれ!池に行けー。ε=ε=ε=( ^o^)/
「最初はグー」の渋池です。(すでに頭はパーになっていました。)

クリックすると元のサイズで表示します


スタスタスタと歩いて、綺麗なトイレが現れると、四十八池湿原です。
こちらにはアヤメが咲いていました。ヒオウギアヤメというらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します


正直、本当にアヤメなのか見分けができません。

いずれがアヤメかカキツバタ 競って咲いても しょうぶにならない

↑これ、解るかな〜。分かった人は偉いで賞!
教養とは滲み出るものなり。
食わぬなら 食うまで ホットケーキ。。。(*^^)v
イモ食えば おならプープー おお臭い。(^^ゞ
と、おバカなことを言っていたら、遂に天の神がお怒りになった。

雨ザーザーザー

木道は静かに黙々と歩こう。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、大沼池まで行って来ました。
四十八池湿原からは下りの道となります。
すると…。
帰りは登りになる方程式になることを知りました。

クリックすると元のサイズで表示します


雨の中、「鞭聲肅肅夜河を過る〜♪」の心で歩いたよ。
雨に濡れた木道は滑るのでご用心!

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、ここまでの画像で何か気が付きませんか?
そうです。それは、人の姿がまったくないことです。
いかに天候は悪くとも、そこは天下の志賀高原、人の姿がないはずはない。
はい、オンバレードの賑やかな姿があちこちにありました。

クリックすると元のサイズで表示します


これぞ秘伝の奥儀、忍法「人写らずの撮影法」だ。
ほぉ〜。
この奥儀は、かの有名な徳川家康公の心得じゃ。
「殿、お人払いを…。」

人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し 急ぐべからず

ふーむ。さっぱりわからん。(^^ ;

山歩日2013年7月13日
コースタイム 登山口7:10…7:30渋池…8:10四十八池湿原…9:00大沼池…10:10四十八池湿原…11:10登山口

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
12

2013/7/17 | 投稿者: クロちゃん

自然の中で朝の光は時として素敵な贈り物をくれる。
この画像、黄金に見えませんか?

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり、山って、いいなぁ。こんな光景に出会えるのも山に一夜を求めたればこそである。

話題は変わって…。

同期の桜が倒れる

このブログは山ブログではありません。
何でもありの「クロちゃんのページ」です。
あらためて見直すと…。
おバカな山記録が多いのですが、決して山だけが私の記録ではありません。

時には、日常に起こった喜怒哀楽も綴るのです。
自分の記録、自分が歩んだ歴史、そんな日記のような一面もあるのです。
だから、ブログタイトルに「山」はありません。(内容は山ばっかりだけど、それは楽しいことをいっぱい残したいから…。)

人は働いて、その人生のほとんどを仕事という社会に身を置きます。
嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、色々あって、それが自分の人生なのです。

今日、職場の同期の桜が倒れたと知った。
平然を装っていたが、とっても複雑な心境だ。
いつものように、山のレポを書く気になれない。いつもの自分になれない。
同じ年の同期の桜は、急性心筋梗塞だってさ。

一緒に仕事をした時間は少なかったけど、次々と多くの同期が去って行った中で残った数少ない仲間である。
「モーレツ社員」「企業戦士」と呼ぶ時代には少し遅れていたけど、そんな人間の生き残りだと思っている。
目標、ノルマ、ストレスを溜め込んで、ガムシャラに働いた日々…。
今となってはなつかしい思い出だ。

酒は飲まず、タバコもやめて、仕事一筋の人生。彼を見て、時々何が生き甲斐なんだって思ったこともあったけど、人それぞれの人生があるよね。
共通しているのは、激動(そう感じる)の昭和から平成に生きて来た記憶だっただろうか。

まだまだ、人生これからだよ。
無事に戻って来る日を祈る。

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10

2013/7/16 | 投稿者: クロちゃん

一般的に普通の人は浅間山を目指すであろう分岐点で、ちょっぴり(かなり)普通じゃない私は迷わずJバンドを目指しました。
今回の目的は、以前から気になっていた、まだ見ぬJバンドなのです。
果たして…。
ジェジェジェ!w(゚o゚)w

クリックすると元のサイズで表示します


口ずさむ歌は「荒野より」です。

それでは、行ってみよう。

クリックすると元のサイズで表示します


望みは何かと訊かれたら 君がこの星に居てくれることだ♪
力は何かと訊かれたら 君を想えば立ち直れることだ(岩山を目指して登ります。)

クリックすると元のサイズで表示します


僕は走っているだろう 君と走っているだろう♪
あいだにどんな距離があっても(ちょっと振り返ってみます。)

クリックすると元のサイズで表示します


僕は笑っているだろう 君と笑っているだろう♪
あいだにどんな時が流れても(岩山が近付きました。)

クリックすると元のサイズで表示します


荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな♪
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない(ジェジェのJバンド核心部)

クリックすると元のサイズで表示します


荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな♪
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない(岩の道はガンガン進もう。)

クリックすると元のサイズで表示します


荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな♪
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない(もう少しかな?)

クリックすると元のサイズで表示します


やったー。
ジェジェのJバンド制覇〜。\( ^∇^)/θ☆

クリックすると元のサイズで表示します


と、それほど感激するものではなかった。
登り始めから所用時間20分、以前から気になっていたJバンドはあっけなく終わってしまいました。
そして、この先…。
ジェジェジェ!w(゚o゚)w

クリックすると元のサイズで表示します


自然のエアコン効きすぎだー。\(◎o◎)/!

山歩日2013年7月14日


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ