2013/7/28 | 投稿者: クロちゃん

いつもの休日、いつもの朝、いつものように目的地の登山口に向かって車を走らせた。
空は歓迎の青空が広がり、気温は快適な18度〜。
こりゃ、日頃の行いの良さが現れたな。ルンルン♪

いつものようにサッと身支度を…。
あれ!

えーっ、(‘◇’*)うそー!!!
登山靴がぁ。
いえ、用意周到、几帳面な私が山の貴重なアイテムの登山靴を忘れる筈はありません。
( ̄^ ̄)

ただ、右足と左足の組み合わせが違っていたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します


いかにサイズが同じだとしても、左右違った登山靴では歩きにくいでしょう。
試してガッテンをやろうかと思いましたが、他の人に見られたら恥ずかしい。
上々の天気に諦めきれずに、登山靴をじーっと眺めましたが、やっぱり左右不揃いです。

クリックすると元のサイズで表示します


「おまえには好天気の山は似合わないのだ。」どこからか、山の神の声が聞えたような気がした。
さて、どうしよう。
遊びの天才(?)は、このまま引き返すような性格ではありません。
さりとて…。ふーむ。

クリックすると元のサイズで表示します


毎週のように山に行っていると、たまにはこんなことがありますね。(=^0^=)
えっ、そんな、おバカでマヌケなドジは私だけ?

これを「登山靴事件」と名付けて、今後の戒めと教訓にしよう。

事件発生日 2013年7月27日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
13

2013/7/27 | 投稿者: クロちゃん

極楽とんぼとは…。
国語辞書によると「楽天的でのんきそうな者をあざけったりからかったりしていう語。」とあります。
あら、私のこと?

はい、現代に生きる極楽とんぼ的存在の謎の人物、山でいつも笑っている楽天的な人間。
合っていそうだ。

ふと足元を見ると…。
トンボソウ

クリックすると元のサイズで表示します


不思議な紅い色をしたコケは…。
イオウゴケと言おう。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


濡れた木道で滑ってコケないようにしましょう。
転ぶ時はお尻から…。
中高年は転んだ時に手をついて、手首骨折なんてあり得るから、普段から転ぶ練習しておきましょう。

さて、今日はどよーん日だ。
極楽とんぼはどこへ行こう。

撮影日2013年7月15日
撮影場所 富士見小屋からアヤメ平に向かう木道脇

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8

2013/7/26 | 投稿者: クロちゃん

山の神様が「おいで〜。」と、イングリッシュで「カモン、カモン」と呼んでいるような声が聞えて行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


が、しかし…。
山の神が素直に天邪鬼を招くはずもなく、スタート地点はいかにもの天気が迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


これから晴れるだろう。
希望は捨ててはいけません。山頂で青空なら良いのだ。(*^^)v
ルンルンルン♪
が、しかし…。
待ちうけていたのは、どこまでも続く長く辛い階段地獄だった。

クリックすると元のサイズで表示します


画像ではそれほど急とは見えませんが、実際はかなーり急であります。
しかも、丸太と土の段差が大きく歩き辛い。
試練の道が続きました。
涼しいのですが、山頂に着いた時は汗びっしょりとなっていました。
この先、「なんじゃこりゃー!」の道が待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します


いや、これは道じゃないです。笹が覆い隠しています。しかもずっと続く藪こぎのコースでした。
濡れた笹の丈は腰までありました。ズボン、びしょ濡れ〜。
激下りの道では足もとが見えずに、木の根につまづいて…。(泥の洗礼があぁぁぁ。)
(((((((((((o_ _)o ドテッ

景色は、真っ白岳でありました。

クリックすると元のサイズで表示します


こりゃ、山の神が与えてくれた、罰ゲームみたいだ。
ほっとする道に出て、次の山に行こうとしましたが、またも笹の覆う道となって、潔くやめました。

この時、全身びしょ濡れ泥だらけの「水も滴るいい男」になっていた。
山の神様が「おいで〜。」と、イングリッシュで「カモン、カモン」と呼んでいる山は歓迎してくれたのだろうか。

山歩日2013年7月20日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ