2013/7/15 | 投稿者: クロちゃん

夏の花で思い浮かべたのは、ハクサンコザクラの火打山だった。
金曜日の夜、いざ行かん火打山へ。
暗い上信越道をひた走り、車の外気温が24度となった黒姫野尻湖パーキングに車を入れた。(なんか、暗い雰囲気…。)

ここは、素晴らしい環境でした。立派なトイレしかありません。ヽ(^o^)ρ
ゴミ箱もないです。粗大ゴミの私はどうしたらいいの?
車もトラック1台しか止まっていませんでした。これは快眠できそうだ。で、グビッとビールを飲んで車中泊しました。
翌朝目覚めると…。
「いつの間に〜。」の車がいっぱいでした。さすがに連休だ。

朝4時、まだ薄暗い火打山の登山口駐車場に到着。着いた途端に歓迎の雨がポツポツ…。
雨は次第に強くなり、車を叩く音が聞えるくらいになった。ザーザーザー。。。

クリックすると元のサイズで表示します


下がるテンション、降り続く雨。待つこと1時間、いっこうに止む気配はなく、雨の中を歩き始める気力・根性を持ち合わせていない私は、清く撤退することにした。
うーん、ハクサンコザクラの火打山の夢無残の木端微塵だー。
せめて、登山口だけでも写真に撮ろう。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、行く宛てを失ってしまったが、とにかく雨から逃げよう。
ここから火打山の越後大返しが始まった。(何のために遠路はるばる来たんだ?)
すっかり明るくなった上信越道を快適に走る、走る〜。
そうして、辿り着いたところは、山ガールが遊ぶ花の湿原だった。

クリックすると元のサイズで表示します


ルンルンルン♪
おや?
爽快な気分は、またもポツポツと降り出した雨に吹っ飛んだ。
雨雲のやつ、追いかけて来たのか。

こうなると、湿原は山ばぁるに山じぃるの天下となって行った。(失言!)山ボーイに山ガールはどこに消えた。

すでに、山じぃるの仲間入りの私は雨の降る中を彷徨う時間が続いた。山ばぁるに山じぃるは雨でも元気なパワー全開だった。

撮影日2013年7月13日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ