2013/8/17 | 投稿者: クロちゃん

東北の山旅に向かう途中にちょっと寄り道した山、それが那須岳でした。
何故寄り道したかというと、その理由は2つあります。

ひとつは、直に東北の目指す山には、秩父から遠すぎる。すっかり明るくなった高速を走っていると、早く山の空気にふれたい気持ちになっていた。

「明るい+青空=山歩き」の方程式が頭の中を駆け巡った。

もうひとつは、那須岳には何度か訪れているが、それは、茶臼岳に朝日岳の2つだけ〜だった。

「日本百名山の著者である深田久弥は書中に『那須岳とは那須五岳の中枢を成す茶臼岳、朝日岳および三本槍岳のこと』と記している。」の情報からして私の那須岳は未完ではないか。
私はまだ那須岳を制覇していない。
これでは他人に聞かれた時に「那須岳に登ったことあります。」と云えないじゃないか。三本槍岳だけは、まだ未踏の山でありました。

適当、いい加減、ちゃらんぽらんにして行きあたりばったりの完璧主義な私の信条からして許せないのであった。(←どんな性格じゃー。\(`o’”) )

ところで、予定外の行動だったので、地図もないので、ここは過去に何度も利用している「峠の茶屋」から歩くことにした。

クリックすると元のサイズで表示します


日曜日の朝7時。まだ空いていた無料駐車場に到着。帰って来た時は満車だったから、さすがは百名山の登山口でしょう。

さあ、目指せ三本槍岳〜。ε=ε=ε=( ^o^)/

登山口には「那須岳登山口」とあります。でも、那須岳という山頂は存在しないのです。『那須岳とは那須五岳の中枢を成す茶臼岳、朝日岳および三本槍岳のこと』なのです。
よし!しっかり学習したぞ。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、小さい子供連れ、家族連れの方たちを追越し、追い越され、山ガールには、いとも簡単に追い抜かれ、引き離されて、峰の茶屋跡避難小屋を目指しました。

クリックすると元のサイズで表示します


青空に白い雲、天然エアコンの爽やかな風にすっかり上機嫌の道のりでありました。
朝日岳までは…。

峰の茶屋跡避難小屋で休憩する小さい子供連れ、家族連れ、山ガールの人達に追い付き、ここで休まず一気に朝日岳方面に向かいます。
のろまなカメは休んでいるうさぎさんに勝つのだよ。(*^^)v

えっ、みんな茶臼岳方面ですか?
では、またぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


朝日岳には岩ゴロの道を辿ります。この道は整備されていて、普通に歩けば特に危険はありません。
コースを外れたり、ふざけたりしながら歩くと危険があるかも…。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、青空の朝日岳に着きました。
晴れたら百名山!これが私の実力でしょう。(-^〇^-) ハハハハ

クリックすると元のサイズで表示します


鋭鋒の朝日岳は360度の展望で眺めも良いよ。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、雨男の天邪鬼たる実力発揮の道が待っていました。
晴れなくても百名山!これが私の実力でしょう。(-^〇^-) ハハハハ
( ^.^)( -.-)( _ _)/

続きます。

山歩日2013年8月4日
コースタイム 峠の茶屋7:10…7:45峰の茶屋跡避難小屋…8:30朝日岳…

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11

2013/8/16 | 投稿者: クロちゃん

東北の山旅の夜、涼しい場所を見つけて夕餉の時間としていた。
そこへ…。
「カサカサカサ…。」
元気に近づいて来る黒い訪問者。見ると立派なカブトムシくんだった。

クリックすると元のサイズで表示します


ビールの入ったコップを片手に眺めていた。
羽根を広げて、飛び立つスタンバイをした。
ブンブーン、ドサ!
ありゃ!なんだお前、飛べないのか。何度か試みるが飛べないようだ。

ブンブーン、ドサ!

そのうち、着地に失敗して仰向けになった。

クリックすると元のサイズで表示します


ありゃ!なんだお前、起きられないのか。カブトムシって、仰向けになると足をバタバタさせているだけで、起きることができないの?
心優しい私は、角(ツノ)を掴んでひょいと持ち上げた。
「キィキィキィ…。」
「こら!放せっ。」て、喚いているように見えた。
はいはい、どこか安全な場所に隠れなさい。
そっと地面に置くと、すごい勢いで這って行った。這うスピードも速いんだな。

カブトムシを見るのは久しぶりだなぁ。

しばらくすると、戻って来た。
そして、私の居る近くで止まった。

咽喉、乾いたのか。
コンクリートの上の水分を吸っているようだった。旨いか〜。良かったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


えっ、おい、ちょっと待て!w(゚o゚)w


それはさっき、私がこぼしたビールの液体だぞ。
カブトムシは満足そうにジッとしている。そうして、動きが超スローになった。

カブトムシもビールで酔うのだろうか。
よし!今宵はとことん飲もう。(=^O^=)o□ プハァ

カブトムシくんはゆっくりゆっくりと、こぼしたビールの地面を這っていた。

真夏の夜のひととき、飛べないカブトムシくんは今も元気しているだろうか。

撮影日2013年8月5日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
13

2013/8/15 | 投稿者: クロちゃん

巌剛新道を辿って尾根に出ました。ほっと一息つきます。
このあとも…。
ラクダのコルと呼ばれる西黒尾根の分岐から急な登りと濡れて滑り易そうな岩の道が続きます。

「巌剛新道から谷川岳」の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します


四方は白い霧に包まれて何も見えません。振り返っても、これから向かう方向を見ても、白い世界だー。
「へん!暑くなくていいや。」急に心が歪んで毒づきます。( ̄^ ̄)
でもでも、山頂付近でぱぁっと霧が晴れるかもしれない。そうなれば、心も晴れるというものじゃないか!
世の中は晴れマークの日なのです。
谷川岳だって、晴れマークがあってもいいじゃないか。
そう希望を持って急な石ゴロの道を登ります。

やがて、岩が多くなる道となりました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここが「ザンゲ岩」?
名前は知っていますが、場所を特定する能力は持ち合わせていません。

クリックすると元のサイズで表示します


ただ花が多くて立ち止まることが多く、道が緩やかになると山頂は近かった。

クリックすると元のサイズで表示します


ほいほいほいと歩いて、トマノ耳に着きました。まだ谷川岳は微笑みません。
ちょっと休んで、下って登って、谷川岳山頂のオキノ耳です。

クリックすると元のサイズで表示します


「頼む〜。一瞬で良いから晴れてくれー。」
願い虚しく、晴れマークは現れず。
ちょっと粘りましたが、諦めの良い私は戻ることにしました。

やっぱりなぁ。谷川岳は微笑まないなぁ。
帰路は天神尾根を下ります。
肩の小屋が近付くと、次から次へと登って来る人が多くなりました。
今まで静かだった谷川岳が急に賑やかになります。さすがに百名山は人気者だ。

クリックすると元のサイズで表示します


天狗の留まり場の岩場にはたくさんの人が休憩していました。
私は天狗の舞いで下ります。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、譲り合いの心を持っていますので、これから登る人に道を譲りながらホイホイホイっとー。
避難小屋でちょっと休憩しました。

クリックすると元のサイズで表示します


さあて、一気に下山するぞー。
もちろん、ロープウェイを使う気持ちは毛頭ありません。
ホイホイホイっとー。

ところで、ロープウゥエイを使わずに下山する道ってどこ?
天神平のロープウェイ駅周辺をうろうろするのでした。

クリックすると元のサイズで表示します


そうだ。地図で確認しましょう。
あらら…。
下山する予定だった道の分岐を気づかずに通り過ぎてしまったようです。
「ホイホイホイっとー。」は、時として見逃し、見落としになるのでご用心でしょう。

こうして、やむなくロープウェイに乗ることになってしまいました。
途中で雨が降り出しました。
「ホイホイホイっとー。」見逃したのは、結果オーライだったかもです。

それにしても、「谷川岳は微笑まず」の時間だったなぁ。
真っ白な絶望的な天気で景色はかないませんが、花はいっぱいでした。
花の様子はまたの機会に…。

山歩日2013年8月3日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ