2013/8/20 | 投稿者: クロちゃん

那須・三本槍岳から下山して、次に向かうのは東北の山です。
その前に、温泉に入って汗を流したい!
願望の日帰り温泉探しです。

しかし、那須周辺で私の願望に叶う施設は見つかりませんでした。
「混んでる」「高い」「都会的」は好みではありません。

「素朴」「安い」「落ち着く」の温泉を探しましょう。
そんな思いで、携帯で検索、ナビで確認しましたが見つかりませんでした。
次第に高速のインターが近付いたので、そのまま高速にイーン!

そうして、高速を降りた東北の地で再び検索です。
携帯(スマホ)が見つけ出したのは、温泉旅館でした。
早速、電話番号でナビにセットー!

車を運転しているうちに、ちと心配になる風景の中に突入。目的地に着きましたが、本当にここで良いのでしょうか。
そんな場所に私好みの探し求めた日帰り入浴できる旅館がありました。

ちょうど地元ナンバーの車が止まっていて、日帰り入浴できるのかどうか聞き込みしました。
「できますよ。いい湯ですよ。」のお言葉に思わずニンマリです。

クリックすると元のサイズで表示します


こちら、入浴料500円。内湯だけですが、風情を感じる私好みの温泉でした。
しかも、先程の地元ナンバーの方と二人だけの、のんびりまったり寛ぎの時間でした。
この方も山の帰りと聞いて、山談義の談笑となりました。

私の心に思っていたイメージにぴったりの東北の湯は、こういうところです。

旅館の名前をすっかり忘れてしまいましたが、後日ネットで調べてみると、なんとも格式のある湯治の宿だったんですね。
今度はゆっくりと温泉を目的に観光で訪ねたいと思いました。

利用した温泉は、「たなべの湯」です。

このあと、西吾妻山を目指して天元台ロープウェイ駅の駐車場に向かいました。
広い駐車場に車なし。

クリックすると元のサイズで表示します


明日の西吾妻山(日本百名山)に備えて早く寝よう。
夜中に…。(^^ ; ^^)えっ、えー!
まさか!(‘◇’*)

撮影日2013年8月4日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
15

2013/8/19 | 投稿者: クロちゃん

朝日岳でぐるりと景色を楽しんで、今日の本命の山である三本槍岳に向かいました。

「那須岳制覇に向かって」の続きです。

朝日岳周辺にはミヤマシャジン(?)が、たくさん咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


吹く風が心地好い稜線を登って行きます。このコースは登って下ってまた登るの繰り返しでした。
結構体力消耗戦の道のりです。

クリックすると元のサイズで表示します


三本槍岳に向かう人が多いです。青い空に白い雲の夏空の下は気持ち良い山歩きでした。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、白い雲が多いな。どんどん増えて来ているようだ。
と、右下を見下ろすと…。
あら!

クリックすると元のサイズで表示します


雲は湧き 光溢れて♪
(この日はまだ甲子園大会が始まる前でした。)
下って、下って、下り終えると木道の道となり、三本槍岳が近付きました。(まだ遠く感じましたが…。)

クリックすると元のサイズで表示します


もうあとは、登りだけと思ったのですが、登って下っての道が待っていました。
最後に我慢の登りを登り続けて行くと突然視界が開けて、三本槍岳の山頂でした。
広い山頂には休憩中の人がいっぱいです。

クリックすると元のサイズで表示します


もちろん私も、お湯を沸かしてコーヒーを煎れて、カップ麺におにぎりの休憩タイムとしました。
天気が良ければ景色が良いのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


いつの間にか雲が周りを支配していました。
うむ。いつもの私らしい山頂だ。

初めての道は遠く感じ、来た道を戻る帰りの道は近く感じました。
帰路の茶屋跡避難小屋周辺は賑やかだった。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2013年8月3日
コースタイム 峠の茶屋7:10…7:45峰の茶屋跡避難小屋…8:30朝日岳…9:45三本槍岳(休憩)10:30…12:00峰の茶屋跡避難小屋(休憩)12:30…峠の茶屋

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10

2013/8/18 | 投稿者: クロちゃん

今日も夏の空が元気だ。☆〜( ^o^)o_彡☆
こんなに暑いと…。
「モウショーがないほど暑いザンショ。」と、訳がわからなくなります。
少しでも涼しい場所へ逃げようと秩父ミューズパークに行ってみました。
ちょうどサルスベリの花が見頃を迎えていました。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、全然涼しくありません。
暑いぞ熊谷と山梨県甲府市の間に挟まれて、盆地の秩父は暑いのです。
サルスベリの向こうに見える秩父の街は白く霞んでいました

クリックすると元のサイズで表示します


少しでも涼を求めて移動します。
秩父ミューズパークの噴水前に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します


木陰と日向の気温差が大きい。
風もなくジリジリと照りつける太陽…。
「猛暑ーがないほど暑い残暑。」と、訳がわからなくなりました。

暑くてもサルスベリの花は元気です。

撮影日2013年8月17日


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
5




AutoPage最新お知らせ