2013/8/15 | 投稿者: クロちゃん

巌剛新道を辿って尾根に出ました。ほっと一息つきます。
このあとも…。
ラクダのコルと呼ばれる西黒尾根の分岐から急な登りと濡れて滑り易そうな岩の道が続きます。

「巌剛新道から谷川岳」の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します


四方は白い霧に包まれて何も見えません。振り返っても、これから向かう方向を見ても、白い世界だー。
「へん!暑くなくていいや。」急に心が歪んで毒づきます。( ̄^ ̄)
でもでも、山頂付近でぱぁっと霧が晴れるかもしれない。そうなれば、心も晴れるというものじゃないか!
世の中は晴れマークの日なのです。
谷川岳だって、晴れマークがあってもいいじゃないか。
そう希望を持って急な石ゴロの道を登ります。

やがて、岩が多くなる道となりました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここが「ザンゲ岩」?
名前は知っていますが、場所を特定する能力は持ち合わせていません。

クリックすると元のサイズで表示します


ただ花が多くて立ち止まることが多く、道が緩やかになると山頂は近かった。

クリックすると元のサイズで表示します


ほいほいほいと歩いて、トマノ耳に着きました。まだ谷川岳は微笑みません。
ちょっと休んで、下って登って、谷川岳山頂のオキノ耳です。

クリックすると元のサイズで表示します


「頼む〜。一瞬で良いから晴れてくれー。」
願い虚しく、晴れマークは現れず。
ちょっと粘りましたが、諦めの良い私は戻ることにしました。

やっぱりなぁ。谷川岳は微笑まないなぁ。
帰路は天神尾根を下ります。
肩の小屋が近付くと、次から次へと登って来る人が多くなりました。
今まで静かだった谷川岳が急に賑やかになります。さすがに百名山は人気者だ。

クリックすると元のサイズで表示します


天狗の留まり場の岩場にはたくさんの人が休憩していました。
私は天狗の舞いで下ります。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、譲り合いの心を持っていますので、これから登る人に道を譲りながらホイホイホイっとー。
避難小屋でちょっと休憩しました。

クリックすると元のサイズで表示します


さあて、一気に下山するぞー。
もちろん、ロープウェイを使う気持ちは毛頭ありません。
ホイホイホイっとー。

ところで、ロープウゥエイを使わずに下山する道ってどこ?
天神平のロープウェイ駅周辺をうろうろするのでした。

クリックすると元のサイズで表示します


そうだ。地図で確認しましょう。
あらら…。
下山する予定だった道の分岐を気づかずに通り過ぎてしまったようです。
「ホイホイホイっとー。」は、時として見逃し、見落としになるのでご用心でしょう。

こうして、やむなくロープウェイに乗ることになってしまいました。
途中で雨が降り出しました。
「ホイホイホイっとー。」見逃したのは、結果オーライだったかもです。

それにしても、「谷川岳は微笑まず」の時間だったなぁ。
真っ白な絶望的な天気で景色はかないませんが、花はいっぱいでした。
花の様子はまたの機会に…。

山歩日2013年8月3日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ