2013/9/29 | 投稿者: クロちゃん

久しぶりに飲み過ぎた金曜日の翌朝は、頭が「ぼーっ」としている土曜日の朝であった。
遠くの山に出掛ける気持ちも時間もない。
さりとて、天気は上々である。
ふらっと電車に乗って、ぶらりと日和田山から巾着田を訪ねてみました。

クリックすると元のサイズで表示します


西武秩父線で高麗駅に降り立ち、まずは日和田山を目指します。
山の上から巾着田を眺める目的なのであります。
その思惑は、果たして…。

うーん、どうも調子が出ない。何故だろう?
昨夜の深酒はすっかり忘れているのでありました。

季節はすっかり秋だなと感じながら歩くこと約1時間、金毘羅神社のある展望台から巾着田を眺めました。男坂は初めて歩きましたが、ちょっとした岩場があるだけで、特に問題のないコースです。
曼珠沙華は樹林の中だったのね。
知っているようで忘れていました。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂ではゆっくりと寛ぐ人の姿がありました。
標高の低い里山でも風はすっかり秋の涼しさです。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、ロッククライミングの岩場の前を通って巾着田に向かいました。
この時期に、ここにきて、曼珠沙華を眺めない手はありません。

巾着田から日和田山、コスモスはちょいと寂しい状態にありました。

クリックすると元のサイズで表示します


曼珠沙華はまだまだ見頃の紅い絨毯となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


いつの間にか、昨夜の深酒の影響は消えていました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ぶらり散歩の時間を過ごして、高麗駅へ向かいました。
そうして、秩父へ帰る電車に乗ったつもりが、反対方向の飯能行きの電車でありました。
あれ?

この時期、飯能から高麗駅は臨時便の電車が出ているようです。
電車に馴れない人間は次の駅で降りて、秩父行きを待つ時間が長かった。

昨夜の深酒の影響は残っていたのかも…。

山歩日2013年9月28日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
17

2013/9/26 | 投稿者: クロちゃん

雁坂小屋のテント場で重い荷を降ろし、テントを設営してコーヒータイムに軽い食事をしてから山さんぽに出掛けました。
サブザックに水とおにぎりと雨具だけ入れます。
重い荷から解放されて軽さを実感しました。\( ^∇^)/θ☆
特に行き先は決めていませんが、まずは日本三大峠の雁坂峠です。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらには、「秩父往還の歴史」という案内板があるので読んでみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


『三伏峠(南アルプス2580メートル)針ノ木峠(北アルプス2541メートル) とともに日本三大峠のひとつである雁坂峠(2082メートル)の歴史はふるく、日本書紀景行記に日本武尊が蝦夷の地平定のために利用した道と記されていることから、日本最古の峠道といわれています。 
また、縄文中期の遺物や中世の古銭類なども数多く出土している地、武田信玄の軍用道路・甲斐九筋のひとつとしてもしられています。
さらに秩父往還とよばれたこの道は、秩父観音霊場巡拝の道として多くの人々が通り、江戸時代から大正までは秩父大滝村の繭を塩山の繭取引所に運ぶ交易の道として利用されてきました。
一般国道140号となった現在は、奥秩父をめざす山道として秩父多摩国立公園の豊かな自然とともに登山者に愛されています。
 雁坂峠の名は、このあたりが雁の群れの山越えの道であった事に由来しているとも伝えられています。

雁が越え、昔人が越えた雁坂峠。
ここには美しい自然と遠く長い歴史があります。』
(*^ー`) フ〜
なるほどね。歴史と浪漫がある峠なのですね。

雁坂峠で休んでいる方たちと山談義に花が咲き、約1時間も休憩してしまいました。
心地良い風に山にいる喜びを感じてまったりと過ごすのはなんとも云えない至福の時間でした。

さて、これからどうしましょう。
雁坂嶺は何度も行っているので、逆方面の水晶山を目指すことにしました。
水晶があるのでしょうか。黄金伝説のお宝探しの山かも〜。
奥秩父らしい雰囲気の道を緩やかに辿ること30分。

クリックすると元のサイズで表示します


突然目の前にベンチのある小広い場所が現れました。
ここが水晶山です。

クリックすると元のサイズで表示します


水晶は…。
なさそうだ。(^^ ; ^^)
樹林の中にぽっかりで展望もなし。

どこか奥秩父らしい雰囲気の水晶山でした。

山歩日2013年9月21日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
14

2013/9/25 | 投稿者: クロちゃん

出逢い、それは小さなことでも感動と新鮮な喜びがあります。
何気ない苔むした風景だって味わえるのです。そんな光景を目にすると自然にカメラを向けてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します


そして…。
山を歩いていると時々首を傾げる、何のことか分からないものに出会います。
雁坂峠に続く黒岩尾根コースのあせみ峠にあった謎のメッセージです。

クリックすると元のサイズで表示します


「たちなおり(立ち直り) 昔なにがあったのでしょう。そしてどんなきっかけが?今は空に向かってまっすぐに。」

これって、元気づけるメッセージなのでしょうか。
「うーん、わからん。」と、考えながら歩いて行くと(かなりの距離を歩きましたが)、「黒岩展望台」の案内板が現れました。

クリックすると元のサイズで表示します


重いザックを置いて、空身で行ってみました。
「今は空に向かってまっすぐに。」のような急坂を登ります。
「黒岩展望台」は岩稜となって、奥秩父の峰々を眺めることができます。

クリックすると元のサイズで表示します


すっかり秋の空だなぁ。
のんびりと眺める時間、これも山遊びの醍醐味です。
山は歩くことだけが目的じゃない。苦しむものでもない。自分の時間を楽しむものだ。

クリックすると元のサイズで表示します


ふと、謎のメッセージが頭に浮かんだ。
「たちなおり(立ち直り) 昔なにがあったのでしょう。そしてどんなきっかけが?今は空に向かってまっすぐに。」

空にはカーテンのような白い雲がゆっくりと青いキャンバスに絵を描いていた。

クリックすると元のサイズで表示します


撮影日2013年9月21日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
14




AutoPage最新お知らせ