2013/9/10 | 投稿者: クロちゃん

杣みちの会で歩いた唐松岳もいよいよクライマックスの朝を迎えましたー。

クリックすると元のサイズで表示します


「唐松岳頂上山荘でまったりと寛ぐ」の続きです。

この日の御来光は5時と聞いていたので、確か「朝4時に目覚ましかけるね〜。」で寝たはずでしたが、朝3時に誰かの声で起床。o(_ _).。o○○
「あら、起しちゃった。おほほほ…。」で、完全に目覚める。(ё_ё)
中高年の朝は早いのだー。

「星がとっても綺麗よ。」で、外に出たら、思いっきり寒っ!
今はまだ夏だよね。この寒さはなんだー。確かに、星空は三ツ星を上げられる空だった。
そうして、おもむろに、自然の成り行きのように、フリースに雨合羽を着込んで山頂を目指すことにしました。

「私、5枚の重ね着〜。」と、自慢している声も聞こえた。
「1・2・3・4…。」私の場合、長袖の下着に半袖とフリースに雨合羽の完全装備でした。
では、出発〜。
暗い道をヘッドライトで進む忍び足の30分ほどで山頂に到着です。
御来光を待つメンバー。

クリックすると元のサイズで表示します


あの、まだ10分近くありますが…。
中高年の行動は素早いのです。
次第に周りが明るくなって来て…。
記念撮影の余裕を見せるメンバーでした。

クリックすると元のサイズで表示します


予定の5時を過ぎてもなかなか御来光がやって来ません。
それじゃ、周りの景色を眺めましょう。
と、思った矢先、御来光でーす。

クリックすると元のサイズで表示します


では、再び、周りの景色を眺めましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ぐるっと360度の夢のような世界をしっかりと脳裏に刻み、満足して山荘へと戻りました。
山って、いいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


振り返ると、唐松岳の山頂は青空でした。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、朝飯食って下山しよう。ほかほかご飯が美味しい〜。

クリックすると元のサイズで表示します


たくさんの山のドラマ、思い出を残して下山の支度にとりかかりました。
今年の夏、北アルプスは天候不順の日が多かったようです。そんな中、天気に恵まれて素晴らしい山旅ができました。

山歩日2013年8月25日〜26日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ