2013/10/30 | 投稿者: クロちゃん

台風一過の日曜日、赤城山の長七郎山に向かった。
事前に紅葉情報を調べると、見頃になっていました。(*^^)v
目指せ、紅葉の赤城山♪

天気も上々、これは久しぶりに気持ちも高揚しそうだ。

しかし…。
この私がそんな上手くいくはずがない。
結論からいうと、落葉に落胆、寒さに負けて逃げ帰ったのでありました。

クリックすると元のサイズで表示します


ビジターセンターの駐車場の気温は2度だった。
しかも、冷たい北風ビュービュー。
期待した紅葉は、すっかり葉が落ちた風景だった。
気合い空回り〜。
ダウンを来て、手袋をして、強風の中に突入だ。
覚満淵の木橋は霜が降りているようだ。滑って、水の中にドボンしないように慎重に通過しました。
しかも、青空じゃないぞー。天気情報は行楽日和の晴れマークなのに、赤城山は違っていました。
灰色の雲が流れていた。山の上を隠していた。
前途は険しい道のりだ。歩く道のりは楽だけど…。

追い風、向かい風、横風にバランスを崩しそうになりながら長七郎山頂に到着した。
其処には、凍てつく氷の世界があった。

クリックすると元のサイズで表示します


寒い。
地蔵岳を眺めると、山頂のアンテナ群が雲で隠れていた。

クリックすると元のサイズで表示します


あぁあ、何してんだろな、俺は…。
気持ちは明らかに沈んでいるのが自分でわかった。小沼に降りたが、やっぱりこちらも落葉していた。
地蔵岳は相変わらず隠れていた。

クリックすると元のサイズで表示します


やーめた。帰ろう。
予定では長七郎から地蔵岳だったのだが、すっかり気持ちが落ち込んで駐車場へと戻ったのでありました。

朝8時30分、冷えた身体を温める日帰り温泉も始まる前でありました。

ビジターセンターの駐車場からはこれから山を目指す人たちが準備中でした。
駒ヶ岳も雲の中だぜ。

赤城山・長七郎山は、緩やかに続く道で、家族連れや初心者にも楽しめる山です。近くのおとぎの森や地蔵岳と併せて巡ると変化のあるコースとなるでしょう。

山歩日2013年10月27日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11

2013/10/28 | 投稿者: クロちゃん

「会」とは、同じ趣向を持った人間の集まりである。その中には、非公式な個人の集まりがあっても良い。山の会を発足した「秘密組織・裏の会」はそんな会であった。
これをカッコ良く呼ぶと「烏合の衆」と呼ぶ。( ̄^ ̄)

当裏の会には、表の会長の他に、影の会長、闇の会長、裏の会長が存在していた。
「あー、あたしぃ、影の会長よー。」(“▽”*)
「へっ、なんで?」
「ほら、あたしの顔を見て!」
「………。」(;一一) ジロ
アイ・シャドウが決まって、お化粧が快調にのっているね。
アイ(わたしは)・シャドウ(影)・・・快調(かいちょう)
ふーむ。(-_-)ゞ
さてと…。

記念すべき第一回山行『乾徳山「手前ダケ」』の翌週、烏合の衆は再び山の中へと消えていった。

クリックすると元のサイズで表示します


その前に…。
「私、山の会に入っているって人に言えないの。」
「へっ、なんで?」
「家族とか〜。友達とか〜。裏の会じゃ変に思われるんじゃなーい。もし、入りたいっていう人がいても入らないんじゃない。」
うむ。一理ある。名前を考えよう。φ(..)メモメモ

クリックすると元のサイズで表示します


この日向かったのは、奥秩父にある「シオジ群生地」でした。
こちらは、当時中津川林道から大山沢林道を終点広場まで車で走り、沢沿いの杣道を登ること1時間半で目的地に着いた。(現在はたぶん、もっと下から歩くことになると思う)
林道終点の東屋に陣取り、途中で見つけた山菜を調理して宴とした。
天ぷらだー。おひたしだー。
そうめんも茹でた。
奥秩父の清冽な水で、キリリと冷やして美味しくいただいた。
「沢に流すと『流しそうめん』になりそうだ。」o(*^▽^*)o~♪
「どうやって食べるのよ!」\(`o’”)

各自持ち寄った食料は食べ切れなかった。いい〜天気で気分も最高!
幸せ気分で寝転んでシオジの樹を眺めた。
「しおじ山の会ってどうかしら?」
「おっ、それ良いね。決まりだー。」

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、裏の会はしおじ山の会と改名したのでした。
誰の発案だったかなぁ。
影の会長、闇の会長、裏の会長…。

シオジの樹は天に向かって真っすぐに伸びる。そんなシオジの樹のような会にしよう。
希望に満ちた笑顔が並んでいた。
しかし…。
数年後、この時命名した4名はしおじ山の会から離れることになった。


平成16年5月30日
奥秩父・シオジ群生地
参加メンバー:キイくん・クニちゃん・キヨちゃん・クロちゃん 計4名

回顧録

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11

2013/10/26 | 投稿者: クロちゃん

今思うと、自分が山の会リーダーとなっているのが不思議な気がする。いや、山歩き自体、私がこの世界にのめり込むなんて、想像もしていなかった。
それが、今は毎週のように山を歩いている。
そんなきっかけとなったのは…。
せっせと、毎週竿を持って山釣りに通っていたある日、「山はいいよー。」の誘い文句に心が動いたのだ。
それをきっかけに、山の会に入会したのだが長続きはしなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


そんな時、気の合うメンバーで自分たちの山の会を作ろう案が浮上していた。
平成16年5月秩父の某所で秘密の清州会議(?)が始まった。
集合したメンバーは「山の会」発足の5名であった。早速、事務局の私が計画書を配布する。
記念すべき第一回山行場所は「乾徳山」が候補に上がっていた。しかし、メンバーの実力からしていきなり「乾徳山」はきつすぎる案が上程され、ならば、無理をしないで「山を歩こう会」案を作った。

「乾徳山の近くに手前岳なんて山があったっけ?」と真面目な顔をして会長が問うものだから皆大笑い。実は会長以外のメンバーは真実を知っていた。説明するのも面倒なので「良い山ですよ」と適当にお茶を濁す。

クリックすると元のサイズで表示します


平成16年5月23日記念すべき第一回の山は楽しい思い出となって残る。
山行当日は、我々の前途を祝って曇天の空であった。「うーむ。素晴らしい」(この時すでに、天の神と相性の悪い天邪鬼が始まっていたようだ。)

天気予報が当たった。予報どおり昼前から雨となった。
雨にも負けて予定地の「手前ダケ」より手前の乾徳山の手前、金昌水でタープを張って宴会とした。
あいにくの雨模様であったが、温かい食事と酒で宴は盛り上がった。他の登山者は異様な光景に、近寄って来なかった。こんな場所でタープを張って宴会している中年のオジサンとオバサンがいるのは世の中の常識から考えて不思議であろう。持参した缶ビールとショーチューを飲み干し帰路に着いた。もちろん温泉に入った。
山は酒を飲むところと思っていた。

ここから、我山の会は大きく育って行ったのだ。
山の会の原点、それは乾徳山「手前ダケ」にある。

「ねぇ、山の会の名前をどうする?」
『秘密組織・裏の会』なんてどう。」ヽ(^o^)ρ


参加メンバー:会長・キイくん・クニちゃん・キヨちゃん・クロちゃん 計5名

回顧録

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
15




AutoPage最新お知らせ