2014/1/4 | 投稿者: クロちゃん

弘法山山頂にある井戸の伝説。
この井戸は昔から「弘法の乳の水」と呼ばれています。この井戸から湧き出た水は白く濁り、いつも乳の香りがしていたということです。
この井戸の水を飲むと乳がよく出るようになると言われ、真夜中に、誰にも知られずに山に登り、乳の水を飲むと乳がどくどく出るようになる」と伝えられ、この水をいただきに山に登る人が後を断たなかったといわれています。

クリックすると元のサイズで表示します


よし!飲んでみよう。(=^O^=)o□ プハァ(←実際は飲んでいません。)
しかし…。
何故か私には効果がなかった。(^ε^)

男なので当たり前ですが…。

ここで不思議を感じた。
何故、こんな山頂に井戸があるのでしょう。
そうして、真夜中に誰にも知られずにって、なんで?

そんな私を見つめる視線を感じた。
振り返ると…。

クリックすると元のサイズで表示します


なんで山に猫がいるんだ?
井戸があって、猫がいて、色んな伝説がありそうな弘法山でした。

今度、真夜中に誰にも知られずに山に登ってみましょうか。
静まりかえった井戸からは…。
伝説の始まり。

デジブックを作りました。ヽ(^o^)ρ



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8




AutoPage最新お知らせ