2014/2/27 | 投稿者: クロちゃん

例年2月下旬から3月中旬に咲く秩父地方の名所、小鹿野町堂上のセツブンソウなのですが、今年は雪が多すぎるため、開花予想は現在のところ不明のようです。
そういえば、今年はフクジュソウの群生も目にしていません。

ジッと雪解けを待つセツブンソウは眠り姫となっている。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらのセツブンソウは日本一の節分草自生地として、関東各地 から沢山の花見客で賑います。
広い園内は、まるで雪が積もったように咲き並びます。

クリックすると元のサイズで表示します


今年は…。
今のところ、本物の雪がドサーッと積っているようです。
雪が溶けたら白い妖精がケラケラ笑う姿が見られるでしょう。
でも、いつの日になるやら…。

画像とデジブックは2010年2月27日に撮影したものです。
こちらでセツブンソウの画像をお届けします。(^○^)/




平成26年の現在の状況はこちら→小鹿野両神観光協会

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ