2014/3/11 | 投稿者: クロちゃん

「赤ぼっこ」って何?
とっても気になる地名を見つけて、気になる気になる存在になっていた。
「赤ぼっこ」の名前の由来は分かりませんが、どことなくかわいらしくユーモアのある響きだ。

クリックすると元のサイズで表示します


気になったら即実行に移そう。自宅からバスと電車を乗り継ぎ、「妖怪変化」の夢から目覚めて、青梅線の宮の平駅からスタートしました。

「妖怪変化」の夢のレポはこちら ➢ 「ツイッター(Twitter)の記憶」

クリックすると元のサイズで表示します


まだたっぷりと残雪が残り、先人の歩いた跡が“でこぼっこ”した歩きづらい道を歩いて行くと、予想していなかった山頂が現れた。
なにー。「ようかいさん!?」(‘◇’*)

クリックすると元のサイズで表示します


いえ、濁点がついて、「要害山(ようがいさん)」でした。(*^_^*)
「どこから『ようかいさん』が出て来るんだ。」\(`o’”) コラーッ

実は、私の準備したガイドブックの地図には載っていませんでした。
「ありがとう、いい薬です」(*^^)v
「それは、『おおたいさん』だろう。」\(`o’”) コラーッ

コホッ。なんだ、この青い文字のつっこみは…。

そして、次に現れたのは、天狗岩。
「イーワ、いーわー♪」って“いわ”ないでね。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


ここからの景色も良いです。
実は、青梅の山って、あまり期待してなくて、甘くみてバカにしていたけど、こんな素敵なところがあるなんてって思いました。(青梅のみなさん、関係者のみなさん、ごめんなさい。)

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、気になっていた、気になる赤ぼっこに到着です。
山頂標識の前に立ちはだかるのは、妖怪「ドロドロ〜。」(^^ ; ^^)
今まで雪道で綺麗だった靴がぬかるみに泥だらけになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


解放感たっぷりのここからの景色はサイコー!
穏やかな天気の下の赤ぼっこは“日向ぼっこ”したくなりそうな空間でした。

クリックすると元のサイズで表示します


昼にはちょっと早い時間でしたが、ここでのんびり休憩しようと思ったら、自転車のグループさんがやって来て、ハイカーさんもやって来て、途端に賑やかになったのでやめました。
景色を楽しんで、青梅駅へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します


途中の二ツ塚峠の陽だまりの広場にドカッと腰を下ろし、昼食タイムとしました。
今日は公共機関で帰るので、山で飲み放題〜。
もちろん、グビグビ…。(=^O^=)o□ プハァ

妖怪「ドロドロ〜。」で汚れた靴底は使った割りばしでキレイきれいにしました。
割り箸って、こういう使い方もあるのね。
これで汚れを気にすることなく電車に乗って、夢の中に突入して帰りました。

この日のコース、赤い線を忠実に歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2014年3月8日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
14




AutoPage最新お知らせ