2014/4/3 | 投稿者: クロちゃん


桐生市の茶臼山ハイキングコースを快適に歩いて行くと、突然木彫りの顔の人形を目にしました。
「あなたは誰?ここで何をしているの。どこから来たの。もしや、樹の精霊、山の神…。」矢継ぎ早に質問を投げかけます。
すると…。
「ほっとけ〜。」どこからか声が聞こえたような気がした。(^^ ; ^^)

クリックすると元のサイズで表示します


ふと、顔を上げると前方から2人のハイカーが歩いてきました。
その後、家族連れや中高年の方たちの姿を目にすることになったのです。
このコース、ファミリーに人気の里山のようです。

そうして、茶臼山の山頂に到着すると、なんとも和やかなほのぼのした光景がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


えっ、なになに、「微笑仏」ですか。
辿り着いた山頂でホッとする時間になりますね〜。
ズラーッと並んだ顔を見ていると心がなごみます。

クリックすると元のサイズで表示します


そうか、途中で見かけたのは、この仲間だったのか。
ポツンとひとつだけ、ハイキングコースにあった木彫りの人形を勝手に命名しよう。
「あなたは、『ハグレ微笑仏』ね。」
「ほっとけ〜。」また、どこからか声が聞こえたような気がした。(^^ ; ^^)

「微笑仏」は茶臼山の人気者になりそうだ。
登った時は笑顔でみつめてください。

そう、微笑み返しの顔でね。

山歩日2014年3月29日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ