2014/7/26 | 投稿者: クロちゃん

久しぶりに…。
晴れたら百名山!(^○^)/

灼熱地獄の下界から車を走らせて着いた大河原峠の気温は16度だった。
効きすぎる天然エアコンの風が吹いていました。さぶい!(^^ ; ^^)

満天の星の下で熟睡して、寒さで目が覚めた。重い身体を無理やり起こして、トイレに行った。大河原峠にあるトイレは水洗・洋式・ペーパー付きの快適な個室になっています。(*^_^*)

よし!
頭爽快、腹スッキリ、足取り軽やか〜。o(*^▽^*)o~♪
あとは明るくなるのを待つだけです。

クリックすると元のサイズで表示します


明るくなると行動する習性が身についてしまった。
大河原峠から笹の生い茂った道を緩やかに登って行きます。
頭爽快、腹スッキリ、足取り軽やか〜。o(*^▽^*)o~♪
ルンルンルン♪

しかし、すぐに勾配がきつくなった。
それでも、頭爽快、腹スッキリ、足取り軽やか〜。o(*^▽^*)o~♪
ホイホイホイ♪
快調に歩いていきます。汗もかかないくらい快適な環境でした。
と、ここで何かを忘れているような…。

あーっ、非常に基本的で根本的なことですが、重要なことを忘れていた。
それは…。
朝めし食うの忘れていた。(+o+)

薄暗い樹林の中では嫌なので、なるべく快適な場所がないか、探しながら歩く。
やがて道は緩やかになり、「佐久市最高地点」の空間が現れました。
朝食休憩は此処でしょう。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


ここからしばらくは緩やかな下りとなります。
そうして、蓼科山荘を過ぎると、今までのルンルン気分が一転する岩ゴロ地獄に突入です。
青空に向かって、青空に、青空〜。

き、きつい…。
山旅から遠ざかっていたなまった体には試練の道でした。
頭ボー、腹も足取りも重い〜。( ^.^)( -.-)( _ _)/
ここは我慢の牛歩戦術で登ります。

クリックすると元のサイズで表示します


そして…。

はい、晴れたら百名山の山頂が待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します


晴れたら百名山♪
クリックすると元のサイズで表示します


晴れたら百名山♪
クリックすると元のサイズで表示します


晴れたら百名山♪
クリックすると元のサイズで表示します


晴れたら百名山♪
クリックすると元のサイズで表示します


晴れたら百名山♪
クリックすると元のサイズで表示します


歩き終わった感想は、大河原峠から蓼科山は、日本百名山の中では手頃なコースと感じました。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2014年7月26日
大河原峠4:30…5:50蓼科山荘…6:25山頂(途中、朝食休憩と小休憩含む)

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
13




AutoPage最新お知らせ