2014/10/5 | 投稿者: クロちゃん

その昔、初めて訪れた平元新道から平標山への道は、別荘地の中に舗装道路を歩くコースだった。
今はどうか。二居川沿いに登山道が造られていた。舗装の道より自然の道は嬉しい存在だ。
まだ夜の明けぬ午前5時、暗い樹林の中に沢音だけがやけに大きく聞こえる平坦な道をスタスタ辿った。
朝に水を求めてやって来る森の住人である熊に挨拶されたら嫌なのだが、その時はその時でニラメッコしようじゃないか。
やがて道は林道にと続く。

クリックすると元のサイズで表示します


単調な林道歩きは長く感じる。周囲はすっかり明るくなってはいるが、見上げる空は白色だった。
余は青空を所望じゃ!
今日は確か好天気のはずなのだが、この時点ではその気配を感じなかった。
周囲はすでに色づき始めていた。

クリックすると元のサイズで表示します


色づいた木々に周囲をキョロキョロ、萩の花を見かけて立ち止まり、自分で変化を見つけて黙々と歩いた。

クリックすると元のサイズで表示します


登山口から約1時間、林道歩きは満腹になった頃、平元新道の入口に到着。ここで朝食休憩とした。
ひんやりとした朝の空気が“食う気”を誘った。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


「満天の星降る…。」の文字を見て、帰りの温泉は「まんてん星の湯」にしようかと思ったり…。

クリックすると元のサイズで表示します


道祖神を眺めて朝食のサンドウィッチをムシャムシャ…。

クリックすると元のサイズで表示します


頃は良し!紅葉の期待が膨らむぜよ。

クリックすると元のサイズで表示します


約20分の休憩の間、誰も来ない静かな時間が過ぎて行った。
さてと、平元新道を登ろう。

クリックすると元のサイズで表示します


そのうち天気も良くなるだろう。
この時はまだ、狂風の強風で寒さに晒されることになるなんて微塵も感じなかった。

山歩日2014年9月27日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8




AutoPage最新お知らせ