2014/11/17 | 投稿者: クロちゃん

迦葉山は群馬県沼田市の北方にある標高1322.4mの山です。紅葉の時期、杣みちの会で訪ねてみました。
紅葉した景色の中の林道を車で弥勒寺まで行き、こちらの広い駐車場に止めました。こちら、綺麗なトイレもあります。
この日は色んな自然の贈り物がありました。

紅葉のバックに白い雲が○印のドーナツ型になっています。(^○^)/
我々を歓迎している証拠だな。

クリックすると元のサイズで表示します


迦葉山の登山口は渡り廊下の下を潜って山道に入ります。
初めての人はちと迷いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


さてさて、この先どんなドラマが待っているでしょう。
大木の倒木が通せんぼしていました。こちらは右から潜るように通過します。

クリックすると元のサイズで表示します


木々はすでに落葉が多くなっていました。結構急な坂です。このあたりから、どうしたことでしょう。晴れているのにパラパラと雨、あられが降って来ました。
なんでだ?(^^ ; ^^)今日はサザエさんの「良い天気〜♪」のはずなのだが…。

クリックすると元のサイズで表示します


大きな岩が現れると、そこは和尚台です。休憩にちょうど良い場所で一休みしました。
この岩を登る人はすごい!我々は見上げるだけ〜。

クリックすると元のサイズで表示します


その先、今まで以上の急坂が待ち受けています。ここからがこのコースの核心部でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


二足歩行が出来ないような坂が続きました。

クリックすると元のサイズで表示します


御嶽山大神の石碑のところまで来ると、あとは山頂まで緩やかなルンルンの道となります。もちろん、ここでも休憩です。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂は青空に白い雲の景色が待っていましたが、谷川方面の空は雪雲が支配していました。そうして、霰(あられ)が本降りとなって来ました。
白い吹雪だー。('◇'*)

クリックすると元のサイズで表示します


誰もいない山頂を独占して、山頂の奥で貸切・昼食休憩としました。迦葉山て登る人が少ない山なのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します


証拠写真を撮って…。退散!

クリックすると元のサイズで表示します


帰路はやっぱり急坂です。「よくこんな坂を登ったものだ。」と感心しながら慎重に下山しました。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、なんとなく予想したのですが、雨あられのあとは…。
ご褒美の虹が現れました。o(*^▽^*)o~♪
虹を見るのは久しぶりです。

クリックすると元のサイズで表示します


帰りは紅いりんごをお土産に、綺麗な青空の下を秩父へと帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します


たくさんの自然の贈り物、これも山旅なればこその一日でした。
そうそう、富士山も見えたよ。

山歩日2014年11月3日
杣みちの会5名


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10

2014/11/13 | 投稿者: クロちゃん

最近撮影した顔の画像♪


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


共通点は…。

どちらもデカい!

天狗さんは迦葉山に登った日に撮影

不動様は秩父華厳の滝

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10

2014/11/12 | 投稿者: クロちゃん

くだる、くだる、くだる〜。どんだけ、くだるんだー。(‘◇’*)

「雁ヶ腹摺山からの富士山」の続きです。

雁ヶ腹摺山から姥子山は急坂の激下りの道が待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します


明るい自然林の中で爽快な気持ちではあるが、帰りのことを考えたら、この激下りはそろそろ終わって欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します


そう願いながら下って行くが、下りの道は容赦なく続いた。
大峠から雁ヶ腹摺山に登った以上に下ったんじゃないか。
そう思った先に、コースを横切る車道に出て、ほっと一息でした。
ここから先は小さなアップダウンの続く道です。

松に富士山♪

クリックすると元のサイズで表示します


紅葉に富士山♪

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、ようやく姥子山の山頂です。
山頂からは、遮るものなく富士山まで一直線の開けた景色でした。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂は4〜5人くらいがちょうど良いと思える狭さです。富士山方面は断崖絶壁に切り立っている。
こんなところでは譲り合いの心を大切にしましょう。(^^ ; ^^)

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、帰る道のりは見上げる雁ヶ腹摺山の急斜面だ。
ほんと、しんどい道だったよ。
今回の山旅はちかれ旅〜。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、大月秀麗富嶽十二景の第一番の雁ヶ腹摺山・姥子山をゲットして達成感を味わいました。
紅葉も良かったよ。

クリックすると元のサイズで表示します





山歩日2014年10月25日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
6




AutoPage最新お知らせ