2015/1/21 | 投稿者: クロちゃん

琴平ハイキングは羊山からスタートして秩父鉄道の浦山口駅がゴールの作戦でした。
浦山口駅から電車に乗って戻るのです。
行き当たりばったり、どうにかなるべ精神の持ち主は、事前に電車の時刻表を調べることなんてしません。
どうにかなるべ。待っていれば電車は来るだんべ。
で、浦山口駅に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します


「待ち時間はどれくらいだろう。」時刻表を確認する。
ありゃ!30分以上あるではないか。
これはちと、想定していた待ち時間を遥かに超えている。(^^ ;
すると、駅員さんが、「ホームのベンチは座布団があったまっているからそこでお待ちください。」と声をかけてくれました。
切符を買って、ホームに入ると、なるほど、太陽光で座布団が暖まっている。
これは快適だー。
ひなたぼっこの心で眠くなりそう。(-_-)zzz

その時…。
「はい、お茶が入りましたからどうぞ。」の声が…。
えーっ、お茶を入れてくれる駅なんて、日本広しといえども、情に厚い秩父でも、滅多に経験できないことじゃないの〜。
駅でお茶を入れていただくなんて、初めての経験です。

クリックすると元のサイズで表示します


「おもてなしの心です。」にっこり笑顔の駅員さんに親近感を抱きました。
山歩きのあとの乾いた身体にお茶はとっても美味しかった。
座っていると眠くなるメンバーは、井戸端会議ならぬ“ホーム端会議”です。

クリックすると元のサイズで表示します


おもてなしの心で、30分以上の待ち時間はあっという間に過ぎました。
やっぱり、秩父っていいとこだなぁ。

ここでふと浮んだ言葉。

浦山口だけに“おもてなし”(表なし)

こんな素敵なことに出会える秩父に、みんな、おいでよー。(^○^)/

山歩日2015年1月18日
杣みちの会 6名

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ