2015/2/6 | 投稿者: クロちゃん

寒い冬のひだまりハイキングに、まだ未踏だった青梅丘陵ハイキングコースを歩いてみました。
結論からいうと、こんなに景色が良いなんて想像していなかった。

電車でアプローチして、軍畑駅からスタートで青梅駅ゴールが今回の計画です。
軍畑駅から長く感じる車道歩きで榎峠に向かい、いよいよ山の雰囲気に触れました。
階段状の道を登ったり下ったりの繰り返しで、このコース最高地点の雷電山です。
ベンチは雪で使用不能。それなりの景色を眺めて先に進みます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


辛垣城址?急坂?
せっかくだから、行ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


特に急坂と感じる道が現れないまま山頂に到着しました。ここは展望がありません。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、ここからの下りが、結構な急坂でありました。滑りやすい道を滑らないように慎重に辿ります。
滑って転んだら帰りの電車に乗れない〜。
いえ、乗っても座れない。(^^ ; ドロクロになっちゃうね。
道を忠実に辿って本線に合流♪
あれ?何か忘れているような…。

あっ、辛垣城址って、どこだったのだろう。気付かないまま降りて来てしまいました。また登る気になれないし、次回の宿題に残しておこう。
本当は途中で道を間違えたようだ。忠実に道を辿ったつもりだったが、いつもの勘違い・道迷いの癖が出たようです。
どこで間違えたのか謎です。

この先、景色が開けて来ました。
都会の景色を眺めるのも良いものです。すっきりした冬の空は眺め最高のコンデションでした。風が吹いているのも景色を良くしていたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


ノスザワ峠を通過して(ここは単なる通過点)、先に進みましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


三方山も展望なし。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、このすぐ先で、深呼吸の景色が待っていました。
(*^ー`) フ〜

クリックすると元のサイズで表示します


この先しばらくで、山道は広い散歩道にと変わります。
なんとなく、ここがハイキングコースの終了のようにも思えましたが、ゴールはまだ先です。
腹が減ったので、カップ麺におにぎりを食べてしばらく休憩としました。
食事するのにちょうど良い休憩場所がいっぱいあります。
本日は車の運転をしないので、ちょうど酔いお酒持参しました。
(=^O^=)o□ プハァ

山で飲む酒は旨い!
えっ、普通は下山後に呑むんですか?

私は景色を眺めて呑むのが好きなのです。
(* ̄A ̄*)ノ□

クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、下山後も…。
沢乃井飲んじゃったー。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2015年1月31日
コースタイム(休憩・昼食含む)
軍畑駅9:20…9:45榎峠…10:20雷電山…10:50辛垣山…11:40三方山…12:45矢倉台休憩所…13:45鉄道公園…13:55青梅駅

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
7

2015/2/5 | 投稿者: クロちゃん

今日は立春です。「春」という言葉を目にすると心もウキウキ明るくなって来ます。
教養のない私は、恥ずかしながら節分が立春だとずーっと思っていた。
立春は節分の翌日と知ったのはつい数年前のことです。(*^_^*)

さて、立春とはそもそもどういう意味でしょう。
調べてみました。
「立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。正月節(旧暦12月後半から1月前半)。現在広まっている定気法では太陽黄経が315度のときで2月4日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/8年(約45.66日)後で2月5日ごろ期間としての意味もあり、この日から、次の節気の雨水前日までである。」(Wikipediaより)

うーん、さっぱりわからん。(-_-)ゞ

だいたい、二十四節気って何?
調べてもきっと解らないので、無駄なことはよそう。

これなら解る。(*^^)v
リッスン♪

クリックすると元のサイズで表示します


えっ、これ知らないですか?
それもそのはず、今思いついた造語ですから…。
山の天邪鬼の頭の中はいつも春♪

それにしても…。
またまた雪マークだー。
立春が過ぎるとドカ雪の予感がする。昨年の秩父の雪のようにはならないでね〜。


春の字も 凍える寒さ 雪景色

教養とは 滲み出るもの 見えぬもの

春ボケの この記事は 意味不明なり



今日も元気だ。酒が旨い!(=^O^=)o□ プハァ

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
5

2015/2/4 | 投稿者: クロちゃん

一般的には秩父の玄関口である西武秩父駅から、秩父の出口となって電車に乗って、東飯能駅で八高線に乗り換えて、拝島駅で青梅線に乗り換えて、青梅駅で奥多摩行きに乗り換えて、長いアプローチの末に降り立った駅は軍畑駅でした。
軍畑は“いくさばた”と読む。ヽ(^o^)ρ
知らないと読めませんね。

この駅でぞろぞろと降り立ったのは、ほとんど、90%、ザックを背負った元気顔の人たちでした。実際は違うかもしれませんが、そう見えました。

クリックすると元のサイズで表示します


前日に降った雪は秩父より多かったようです。
ちょっぴり雪景色となった線路を眺め踏切を渡って目的地を目指しました。

クリックすると元のサイズで表示します


多くの人は高水三山を目指すようです。
私はまだ歩いたことのない青梅丘陵へ車道をテクテクと榎峠を目指しました。
車ならあっという間に着く距離ですが、歩くと結構長く感じる。次第に暑くなって来て、汗ばむようになった頃、青梅丘陵入口の榎峠に着きました。
ここで、ダウンとセーターを脱ぎ、一息入れます。
風がビュウビュウ
寒い!
やっぱりダウンは来て行こう。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します


私の持っている大人の遠足ガイドブックでは、青梅丘陵は入門者向けと紹介されています。
軽くルンルンの気持ちで訪れましたが…。

風で揺れる木々からキラキラと雪シャワー♪
写真に撮るとその美しさが現れません。でも、気持ちいいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


そう思っていたら、「イテッ」…。
頭上から小さな氷攻撃が待ち構えていました。(^^ ;
階段地獄も続いています。

クリックすると元のサイズで表示します


私の持っている大人の遠足ガイドブックでは、青梅丘陵は入門者向けと紹介されています。
軽くルンルンの気持ちで訪れましたが…。
誰かが記したこの文字が、今の心境を表しています。

クリックすると元のサイズで表示します


山をナメたらいけません。入門者向けでも山は山なり。
まだまだ先は長いな。
入門者向けは、体力消耗の試練の道でありました。

続きます。

山歩日2015年1月31日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
6




AutoPage最新お知らせ