2015/2/18 | 投稿者: クロちゃん

まだ見ぬ里山を彷徨う中で目にしたものはー。(‘◇’*)
こ、これは、もしやー。

クリックすると元のサイズで表示します


誰も歩いていない深い雪の中に足跡を残しながら彷徨っていた。

あれは、50年も前に耳にした微かな、しかし、確かな記憶にある夢の世界…。
もしや、もしかして、ひめし宝が眠っているのだろうか。(“▽”*)

まだ見ぬ国に 住むという 赤きつばさの 孔雀鳥 ひめし願いを 知るという ひめし宝を 知るという
まだ見ぬ国は 空のはて 青き潮の 海の底 深きねむりに うずもれて 今もこの世に ありという


クリックすると元のサイズで表示します


なんで、この歌が思い浮かぶのだろう。
この歌を知っている人は、押しも押されぬ、立派な中高年!(^○^)/

次の行動は…。
ここほれワンワン!

しかし、根性無しは5センチ掘って諦めた。(*^ー`) フ〜
いや、正確には、雪をかき分けただけだった。

現実に戻ろう。
そこは不思議な何かを感じる静かな山の中だった。
はっきりと、鳥の姿が浮かぶ岩を目にして動けなかった。いや、一休みの時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します


これも自然が造り出した不思議な世界だろうか。
もし、こんな光景に出会ったら…。

きっと、誰もが写真におさめるでしょう。(*^^)v

はい、「まだ見ぬ国に住むという」歌は「紅孔雀」の主題歌。
しかも、赤きつばさの孔雀鳥じゃないし…。
白い鳥に見えますか?


撮影日2015年2月7日
奥武蔵・峠道ハイキングの道中

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8




AutoPage最新お知らせ