2015/3/20 | 投稿者: クロちゃん

大坊山から大小山は小さな山が連なって、コの字に並んでいます。故に、このコースはアップダウンの連続の道です。道は登りが安心、下りは慎重にのイメージです。
登山口の大山祇神社駐車場を起点にグルリと周回しましょう。
駐車場でトイレを済ませてイザ出陣!

空は曇っていましたが、風もなく穏やかな陽気ですぐに汗ばみます。登山口から大坊山の山頂まで距離700メートル、コースタイム20分ですが、途中休憩の温度調節タイムとしました。
おっ、もう700メートルの半分以上歩いていますネ。

クリックすると元のサイズで表示します


大坊山の山頂は広くて解放感いっぱいです。
山頂標識が大きい。これは特徴的ですな。私の場合、顔がデカイ!これも特徴的です。(-^〇^-)

クリックすると元のサイズで表示します


全般に道は尾根歩きといった印象です。なので、景色もそれなりに良い好いよい♪
せっかく登ったのにもったいないと感じながら次のピークを目指して下って登ります。
ギザギザの岩の道を慎重に下って、景色を眺めてまた下る。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


そして、今来た道の大坊山を振り返り、もうこんなに歩いたと「人間の足ってすごいね。」と感心する時間です。

クリックすると元のサイズで表示します


鉱山山頂には巻き道のシルバーコースがありますが、我々にはまだ早い。山頂を目指しましょう。
ん!何故か、メンバーはシルバーコースの分岐で立ち止まっている。(^ε^)
まだ早いよー。強引にロープのある急坂に引き込みました。

クリックすると元のサイズで表示します


そのすぐ先の番屋でコーヒータイムとしました。山で飲むコーヒーは美味しい。
100円というのも嬉しいです。山を歩いていることを忘れる時間でありました。
ここは、山の喫茶店だね♪

クリックすると元のサイズで表示します


この先、まだまだ登って下っての道が続き、ちょっとした岩場を通過すると大小山の妙義山は近い。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂はあまり広くないので、証拠写真だけ撮って、激下りの道から大小山に登って昼食タイムとしました。妙義山直下の下りは激下りです。

クリックすると元のサイズで表示します


この頃になって、ようやく晴れて来た。
さあて、あとはやまゆり学園目指して下るだけだ。

クリックすると元のサイズで表示します


道は尾根歩きの一本道です。
そう思って、信じて疑わなかったのですが、以前にこのコースを歩いていたこともあってすっかり安心していたのですが、ですが、ですが…。
あれ?
この道、違うような…。
赤い屋根のやまゆり学園が遠ざかっている。(^^ ; ^^)あれ?

得意な、道迷い症候群の病気が発症してしまったようだ。
大小山で道迷いなんて、普通の人には真似できない、これは貴重な経験だな。

山歩日2015年3月15日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ