2015/3/25 | 投稿者: クロちゃん

その昔、武甲山裏参道の林道終点には、凛々しい姿のおまわりさんが立っていた。
ちょっと微笑ましいその姿に、思わずニッコリして、山に入る前に気を引き締めた。
(2008年8月2日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


その後、心ない人の悪戯か、おまわりさんは顔に落書きされて、哀れな姿に変貌していた。
悪戯は見る人間にとって、けっして心地よいものではない。いや、嫌悪感を覚えた。
内心、ムカっとしたぜ。
(2010年2月20日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


そして、昨年の頃からか、おまわりさんは消えてしまった。
なんとなく、荒れた光景に見えるのは何故だろう。
(2015年3月21日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


その先、武甲山登山道には立派な橋が架かっていた。
沢を渡るのにルンルン♪スタスタスタ…。
(2010年2月20日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


雪のない日にも歩いているのだが、その時の画像が見当たらない。
見つけるのも面倒なので、この日の画像を載せます。

その後、この橋は通行止めとなった。改修することはないのだろうか。
橋が通れなくなって、一端沢に下りて進むようになった。
(2013年3月20日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


そして、橋は完全に消えた。
(2015年3月21日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します


消えた橋とおまわりさん、どちらも思い出の中に残して、時代の移り変わりを感じる。
長者屋敷跡からシラジクボへの道も荒れて来た。

そういえば、この道も今は通行止めなんだよね。

クリックすると元のサイズで表示します


なんだか寂しい気がする武甲山裏参道。

クリックすると元のサイズで表示します


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ