2015/4/9 | 投稿者: クロちゃん

暗い植林の道を抜けると明るい林の中に出た。山歩きはやはり自然林の中が心地よい。
しかし、この自然林の様相は何かへんである。
自然の木々が曲がりくねっている光景に見える。

クリックすると元のサイズで表示します


こういう場所にはきっと何か変わったものがある。
あたりを見渡すと…。
いた!

クリックすると元のサイズで表示します


魔物が舌を出しておぞましい姿に見える。
そうして、見つめる目の怪人が…。

クリックすると元のサイズで表示します


探せばもっとたくさんの魔物の姿があったかもしれないが、寒くなって来たので先を急ぐことにした。
こういうところは明るい時間帯に歩こう。

周囲が暗くなってくると、ぞっとする光景です。

しかし、寒いな。

撮影日2015年4月4日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11

2015/4/8 | 投稿者: クロちゃん

地元の人に愛され、毎日登山をしている人も多いという吾妻山に桜の便りが聞こえ始めた頃に登りました。
上信越自動車道藤岡インターから北関東自動車道を使って、秩父からのアプローチは2時間ジャストで、吾妻公園駐車場に到着。ここからグルリと周回する予定です。
さすがに人気の山は駐車場に車が多かったが、まだ余裕で置ける状態でした。こちらには綺麗なトイレもあります。

クリックすると元のサイズで表示します


公園の桜はまだ開花前でしたが、チューリップが満開の笑顔で並んでいました。公園内をうろうろと準備体操代わりに歩いて、吾妻山を目指します。
チューリップ

クリックすると元のサイズで表示します


案内板

クリックすると元のサイズで表示します


吾妻山は、毎日登山の里山と思って侮ってはいけません。公園内から登山道に入ると、すぐに急坂が待っています。
油断大敵、慎重に一歩一歩登りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


心に余裕を持って、登山口で休憩、トンビ岩で休憩、その先、岩場の道を通過したところでまた休憩。
トンビ岩

クリックすると元のサイズで表示します


追い越して行く地元の人にコースタイムを尋ねると、「山頂まで40分」と返事がありました。
我々の所要時間は1時間30分〜。
この違いはなんでしょう。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します


桜の花咲く山頂は大賑わいでした。さすがに愛される山です。
片隅にちょうど良いスペースを見つけて、早い昼食タイムとして、村松峠方面へと向かいます。
ほとんどの人が吾妻公園からピストンのようで、村松峠方面の道は静かな雰囲気でした。
数は少ないが、小さくてかわいいカタクリがあちこちに咲いていた。

クリックすると元のサイズで表示します


村松峠からは薄暗い植林の道を下山して、車道歩きで吾妻公園に戻りました。

山歩日2015年3月29日
コースタイム
吾妻公園9:05…9:50トンビ岩…10:35山頂(昼食)11:10…11:50村松峠…13:15吾妻公園
杣みちの会5名

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
7

2015/4/6 | 投稿者: クロちゃん

桜の花満開の季節、お花見にはちょっと肌寒い日となった曇天の土曜日、早起きして坪山へと向かった。この山は初めてであるが、イワウチワやヒカゲツツジが咲く、最近人気の山らしい。
まだちょっと早いかもと思ったが、いつものように事前に情報を調べることなく「取り敢えず行ってんべぇ。」で出掛けました。
秩父から奥多摩経由で2時間半、びりゅう館手前の駐車場所に到着した。
一台の車もないのは、まだ時期が早いということだろうか。
それとも、普通の人よりちと早い天邪鬼時間だから?
6時40分、静かな雰囲気の飯尾集落が登山口で身支度を整えた。

クリックすると元のサイズで表示します


坪山は駐車場所から見える最初の橋を渡って、山歩きが始まります。

クリックすると元のサイズで表示します


満開の桜の下に綺麗なトイレがあります。もちろん、ありがたく使用させていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します


「花の多いコース」この道案内を見たら、迷わず西尾根でしょう。
というか、もうひとつのコースは目に入らなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


暗い植林の道をえっちらおっちら登って行くと、ようやく明るい雰囲気の自然林の中に出て、花の期待が高まります。
この時点では、時期的にイワウチワは咲いているだろうと思いましたが、ヒカゲツツジは予想できませんでした。
尾根登りはなかなかキツイ急登が続きました。そうして、歓迎せざる冷たい雨が降って来た。

クリックすると元のサイズで表示します


このコース、歩く先々に、群生の案内板がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


もちろん、イワウチワは咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


花好きには嬉しい案内板もあります。

クリックすると元のサイズで表示します


もうミツバツツジの咲く季節なんだなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、予想していなかったヒカゲツツジの群生です。

クリックすると元のサイズで表示します


タイミング、バッチリでした。これほどの群生、今まで見たことありません。
心弾む時間です。
すげー。すげー。

クリックすると元のサイズで表示します


ここは、ヒカゲツツジの楽園だー。

クリックすると元のサイズで表示します


すげー、すげー。夢中でカメラを向けますが、小降りの雨と冷たい風の中でちょい暗くて、ボケ画像の連発です。
ISO800でシャッタースピードがちょうど良い環境の中です。

クリックすると元のサイズで表示します


坪山山頂は誰もいない、独占・貸切でしたが、休んでいると寒くなって来たので、びりゅう館を目指して下山です。
こちらのコースも急坂に、小さなアップダウンが続き、なかなか歩き堪えのある道でした。

クリックすると元のサイズで表示します


びりゅう館から、車道歩きで駐車場所に戻りましたが、車は私の他に一台止まっていただけです。
来週が混むかもね。

クリックすると元のサイズで表示します


山の中で「すげー。すげー。」を連発して、汗と雨ですっかり冷えた身体を暖めるようと、小菅の湯に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します


小菅の湯は道の駅「こすげ」にあります。
入浴料620円

山歩日2015年4月4日
コースタイム
駐車場所6:45…7:30イワウチワ群生地…7:40ヒカゲツツジ群生地…8:05イワカガミ群生地…8:30坪山山頂…10:00びりゅう館…10:15駐車場所

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ