2015/4/23 | 投稿者: クロちゃん

桧沢岳は西上州の山にあって、あまり人気のない山なのだろうか。ピンクのテープを頼りに忠実に辿った道であった。
ピンクのテープを頼りに忠実に…。

クリックすると元のサイズで表示します


あれ〜。(^^ ; ^^)

そのあと…。
(°▽°;) (; ̄Д ̄)

ガイドブックやネットの情報から車は大森橋の駐車スペースに止めました。ここは4〜5台くらい駐車できそうです。
この先は地元の人の所有地で駐車場所はないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


桧沢岳登山口の案内板を確認して車道を歩き始めました。
ただ、多くの紹介されているコースは時計回りの周回となっていますが、そこは天邪鬼の真骨頂で逆回りを選んでスタートです。
これが間違いの始まりでした。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


沢沿いの林道からピンクのテープを頼りに一端沢に下りて、沢を走り幅跳びの極意で越えます。
えい!
バシャーン!!!
頭では飛び越えたつもりでしたが、足は見事に水の中に着地です。
気持ちは若いつもりでも、身体は老いおいです。(“▽”*)
あっ、足が短いのも災いしました。
ちなみに、ここに橋はありません。

暗い植林の道はすぐに終えて、明るい自然林の中にミツバツツジが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


この花は今日の目的ではありませんが、花を見るとカメラを取り出す習性があります。
指道標はまったくなく、ピンクのテープだけを頼りに荒れた急登を辿ります。
それにしても、荒れているなと思いながら進む先で道が消えました。
いつの間にか植林の道にザレた薄い踏み跡となっていましたが、ピンクのテープは前方に見えました。
このあたりで「これは道ではないのでは?」と疑問を抱くようになって来ました。
ピンクのテープは植林の山仕事の目印???
そうして、出来れば気がつかない方が良かったのですが、突然忘れ物に気がついてしまったのです。

ああっ、しまった。車の中に地図と、貴重品を置いて来てしまった。
人気のない駐車場所→車の中に貴重品=車上盗!
しかも、クレジットカードも入れてある。
クレジットカード盗難→使われる→被害届→事後処理→面倒くさい。
頭の中で悪循環の方程式がクルクルまわっている。(◎o◎)

そんな心配をしながら急登を登り切り尾根に出た。

クリックすると元のサイズで表示します


尾根に出れば道があると思っていたのだが、その期待は見事に外れた。
いえ、薄い踏み跡はあったが、どうも違うような気がする。
その予感は当たった。

クリックすると元のサイズで表示します


なんと、その先すぐに断崖絶壁で進むことできず。
他に道らしきものなし。
はい、清く正しく撤退です。
目的だったアカヤシオが少し咲いていた。

クリックすると元のサイズで表示します


車の中に置いて来てしまった貴重品のことも気になるし、登り来た道を引き返すことにした。

車に戻って、地図で確認する。
うーん、地図では合っているような気がするのだが、どこで間違えたのだろう。
このあと、時計回りでリベンジすることにして再スタートするのだった。

今度は忘れ物なし、心配事も消えて地図も持って完璧だ。

そうして、周回したのだった。下山の道はどこで道を間違えたのか確認しながら歩いた。
途中に、断崖絶壁の見上げる地点があった。あの上まで来たんだなと思った。この先、どこかで間違えた場所があるはずだ。
しかし、間違えた地点が分からないまま、いつの間にか最初に登った道を下山していた。
間違えたのはどこだったのだろう。
ミステリーだ。

山歩日2015年4月18日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8

2015/4/22 | 投稿者: クロちゃん

すっかり楽しんだ(?)北関東の花紀行も終盤戦に突入です。
花と戯れたあとは腹を満たそうと、事前にネットで調べておいたお店を求めて車で移動です。

野に咲く花のように風に吹かれて 野に咲く花のように人を爽やかにして そんな風にぼく達も 生きてゆけたら すばらしい♪

こちらは、八溝そばが有名らしい。ネット検索した那珂川町観光協会で「食べる」に載っていた古民家風の○○○物産センターにやって来ました。

初めて立ち寄るお店は様子が良くわからないが、最初からの計算通り昼にはちょっと早い時間帯に到着して、まだ空いている店内の席にズラーッと陣取りました。

注文は?
お店の人が訊きに来るの?それともセルフ?自販機?店内をキョロキョロ見渡すが、券売機はないようだ。
取り敢えず、テーブルの端に置いてあったポットのお茶を煎れて待つことにした。
我々が座ったテーブルの端に、前の人が食べた御膳が置かれていた。
そうして、さほど混んでいるとは思えないのだが、店員さんが忙しそうに走り回っている。
その光景を目にすると、なんとなく落ち着かない。私の性分に合わない。

ようやく自分たちのところへ注文を取りに来た。すでにお茶2杯飲み干していた。
気になる前の人が食べた御膳はそのままの状態になっていた。

その後、ジッと我慢の大五郎の時間となった。
時計はすでに12時を過ぎていた。30分以上待っている。周りの客の表情を見ると、皆無口で顔を見合わせている、ジッと我慢の大五郎さんだ。
家族連れの子供は、厭きて待ち疲れの顔で親に身体をくねりながらジャレついている。

その間、次から次へと入店して席を探す客が、入れ替わり立ち替わりで落ち着かない雰囲気が続いている。
中には業を煮やしたのか、不機嫌な顔で出て行ってしまった客もいた。
そんな光景を目にしながら暇な時間を過ごした。
最初はおしゃべりしていた我がメンバーも、さすがに嫌になって来たのか無口になっていた。
そうして、ようやく注文した天ぷらそばが来た。

確かに、旨い。
蕎麦も天ぷらも美味しい。
そう思ったが、ここは私の好む店ではなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


騒然としてドタバタする印象は、この店の対応能力、許容範囲を遥かに超えているのか。
そんな気がした。
この店にまた来ようという気はしなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


さてと…。
「益子にでも寄って帰りますか。」
さんせーい。(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/

もやもやしたような気持ちを益子で晴らして、秩父へと帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します


タヌキさん、こんなに大きかったかな〜。(注)「たんたんタヌキの ○○○○は風もないのにぶ〜らぶら」のことではないよ。

久しぶりに好きな益子焼をお土産に買い益子。

北関東の花紀行シリーズ おしまい

撮影日2015年4月12日
杣みちの会7名

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
8

2015/4/21 | 投稿者: クロちゃん

カタクリ山公園の駐車場に到着すると、片付けの真っ最中でありました。
「もうお金いただけないです。」係の人から残念賞のお言葉がありました。
そりゃそうです。今日は4月12日、カタクリは3月下旬が見頃ですものね。
予想はしていましたが、せっかく来たのだからと公園内を一周しました。

遅かったのかい 君のことを好きになるのが 遅かったのかい ほかの誰かを愛した君は 僕を置いて離れて行くの 遅かったのかい 悔んでみても 遅かったのかい 君はもういない♪

優しさとかいしょのなさが 裏と表についている そんな男に惚れたのだから 私がその分 頑張りますと 背をかがめて微笑み返す 花は栃木の 花は栃木ヤブ椿〜♪

クリックすると元のサイズで表示します


越後の雪椿じゃないかしら…。(ーヘー;)
そうともいう小林さちこー。(=^0^=)/

またいつか 会おうね あの山に 花が咲く頃 サンカヨウやキヌガサソウが 風に揺れて 呼んでる♪(山遊歌)
ハクサンイチゲ

クリックすると元のサイズで表示します


それはどういう意味?
はい、みなみらんぼうさんと市毛さんね。ヽ(^o^)ρ
C= (-。- ) あっ、そう。

この広い野原いっぱい 咲く花をひとつ残らず あなたにあげる♪

クリックすると元のサイズで表示します


ひとつしかないじゃないのー。凸(`0´)凸
カタクリはポツンと寂しげに咲いていました。(^^ゞ

心がイカリソウ

クリックすると元のサイズで表示します


そして、ミズバショウはオバケバショウになっていた。

クリックすると元のサイズで表示します


お腹空いて来たからお昼にしよう。
さんせーい。(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/

カタクリ山公園を後にした一行は腹を満たすために次へと向かったのでありました。

まだ続きます。

撮影日2015年4月12日
杣みちの会7名

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
7




AutoPage最新お知らせ