2016/2/18 | 投稿者: クロちゃん

気になる看板を目にすると、気にかかるのである。気にかかると確かめたくなるのです。
「30分で登れる富士山」て、どんな山なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


矢印の方向に向かって行くと、「富士山神社入口」の矢印がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


矢印に素直に忠実に従って歩いて行くと、神社がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


おおっ、確かに「富士山」と書いてあります。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


傍らに、日本昔話に出て来るようなイラストと「山頂まで30分」の文字がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


「桃太郎さん、金太郎さん、お腰に着けたきび団子♪」
「指に足りない、一寸法師、小さい体に、大きな望み、お椀の舟に箸の櫂」

なんで、みんな鬼退治に行くのでしょう。
それでは、私めも…。

「急坂」鬼の道に突入だー。

クリックすると元のサイズで表示します


まずは古い石段の鬼道をトントントンと駆けあがり。

クリックすると元のサイズで表示します


あとはひたすら体力消耗戦の直線的な急坂をゼエゼエ、はぁはぁ。
C= (-。- ) フゥッ
30分で登れる富士山、侮るべからず。かなり険しい道であります。

小さな山の神・祠が3カ所現れると…。

クリックすると元のサイズで表示します


ジャーン♪
奥宮の山頂でした。

クリックすると元のサイズで表示します


こちら展望はありませんが、明るい林の中で、デーンと大の字に寝そべるのにちょうど良い。
こうして、いつしか赤鬼の形相となったクロちゃんは、しばし、奥宮の前に倒れこむのでありました。
坊や〜、良い子だねんねしな♪
退治されたのか?(“▽”*)

30分で登れる富士山、侮るべからず。かなり険しい道であります。

クリックすると元のサイズで表示します


次に来る時は、魔法の杖を持って来よう。
魔法の杖とは、山用語で「ストック」とも呼ぶらしい。

山歩日2016年2月14日
所在地 本庄市児玉町
コースタイム
案内板8:55…9:00富士山神社…9:23山頂


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
7

2016/2/17 | 投稿者: クロちゃん

こちらは本庄市児玉町にある里山ハイキングコースです。
特に○○山という山頂を踏むことはないのですが、無名の(単に私が山名を知らないだけ?)頂を踏んでグルリと周回コースとなっています。
まずは事前に調べておいた駐車場に到着。

クリックすると元のサイズで表示します


簡易トイレの傍に「河内ハイキング駐車場前」と書かれていましたので、この立派な駐車場は起点となる駐車場で良いのでしょう。
案内の道標を頼りに橋を渡って車道をテクテク…。

クリックすると元のサイズで表示します


道なりに歩いて行くと、民家脇の登山口です。
ここまで案内の道標がなかったので少々不安な気持ちでしたがピンポンでした。
山歩きは山に向かって歩けば大抵は正解です。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


良く整備された道を登ります。
すぐに稲荷神社の赤い鳥居が現れました。

クリックすると元のサイズで表示します


この先、なんの変哲もない道が続きますが、黙々と歩くと尾根に出て、数か所に展望の良い場所がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


本日は雨後の曇り空ですが、これから天気は快復に向かう予報です。
ここまで雨に降られることなく歩いて来ました。東京や千葉方面は大風とかニュースで報じられていましたが、ここはそんな風もなく穏やかです。

クリックすると元のサイズで表示します


ピークを踏んで下りになると…。
あらら、もう下界に到着してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


スタートしてから1時間足らずの道のりでした。
さて、このあとどうしましょう。

前から気になっていた山に向かおう。
これがまた…。
(;´_`;) ハードうした。

山歩日2016年2月14日

今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
7

2016/2/16 | 投稿者: クロちゃん

行道山を歩いた後、車で織姫神社に向かった。無料の織姫観光駐車場は残り1台のスペースでした。滑りこみセーフで迷わず此処に車を止めました。
織姫神社から両崖山と天狗山の周回コースに出発です。

クリックすると元のサイズで表示します


織姫神社って美しい〜。(^○^)/
公園の中を道標に従って両崖山を目指します。登山口に近い駐車場は止めきれずに路駐ができていました。
人気があるんだなぁ。
行道山では誰にも会わなかったけど、こちらはたくさんのハイカーが歩いています。

クリックすると元のサイズで表示します


岩の上に展望台。

クリックすると元のサイズで表示します


こういう場所では、たぶんみんな登って景色を眺めるでしょう。ご多分にもれず私も景色を眺めて一息つきました。

クリックすると元のサイズで表示します


このコース、100〜200メートルおきに指導標が設けられています。あとどのくらいで山頂と解るとっても親切なコースなのだ。
足利城跡とある神社の最後の石段を登ると山頂でした。

クリックすると元のサイズで表示します


「天狗山ハイキングコース案内図」という看板があったのでそちらへ向かうことにしました。ピストンより新しい発見があって楽しそうだ。

一端下って、下って、「どこまで下るの?」と思った先で指導標がある窪地に出ました。
ここから登りで、「巻道」の標識に素直に巻道を選びます。
ちょっと岩っぽい道を登って山頂でした。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂はベンチがたくさんあって、景色も良いです。たくさんの人が休憩中でした。

クリックすると元のサイズで表示します


景色を眺めて、これぞ里山歩きの醍醐味でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


正規のハイキングコースはかわら山〜鶴山方面なのでしょうが、この時はそれを知らず分からず、先ほどの分岐まで戻って、本経寺方面に下山しました。
事前の情報確認不足です。
梅の花に春の訪れを感じる時間となりました。

クリックすると元のサイズで表示します


山歩日2016年2月11日


今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
6




AutoPage最新お知らせ