2016/11/11 | 投稿者: クロちゃん

東北の山旅は風と霧の中に終わった。
気持ちを切り替えて、風と霧のない山に行こう。変なおじさんの私が思いついたのは、歴史ロマンのある野麦峠だった。
なんとなく、こんなハイキングコースを歩いてみたい。そんな衝動に駆られたのでした。
やっぱり、普通じゃないのかなぁ。

で、やってきました。野麦峠です。
しかーし!
こりゃ、相当に普段の行いが悪いのか。

クリックすると元のサイズで表示します


まっ白い世界が待っていた。
どこでもよい。余は青空が所望じゃー!
野麦峠に置かれている像の前で毒づく姿がありました。

当然のごとく、白い中を歩く気力は失せていました。
トイレに寄って次の作戦を考えよう。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらのトイレ、外観から想像できないくらい、中は近代的で綺麗です。
とりあえず、車で野麦峠を越えて、地図で目にした次の目的地に向かうのでした。
途中で目にした古い建造物をパチリ♪

クリックすると元のサイズで表示します



【あゝ野麦峠】
戦前に岐阜県飛騨地方の農家の娘(多くは10代)たちが、野麦峠を越えて長野県の諏訪、岡谷の製糸工場へ働きに出た。吹雪の中を危険な峠雪道を越え、また劣悪な環境の元で命を削りながら、当時の富国強兵の国策において有力な貿易品であった生糸の生産を支えた女性工員たちの姿を伝えた。(Wikipediaより)

撮影日2016年10月10日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
10

2016/11/10 | 投稿者: クロちゃん

月山の山の帰り、「道の駅にしかわ」にある水沢温泉館に寄りました。
入浴料300円は、とっても嬉しい良心的な値段です。
大広間利用の場合、+200円となっています。山帰りは必要ないので、300円だけね。
湯ったりとしているとき、ふと変なこと(?)を思い浮かべた。

クリックすると元のサイズで表示します


高速を使わずに秩父まで帰るってどんなでしょう。
こちらには強い味方のナビがついている。

やってんべぇ。(=^0^=)/

こうして、ナビに有料回避の一般道をセットして一般道の旅は始まった。
秩父まで450キロの道のりだ。

スタートから快適なドライブだった。何しろ、道が空いている。信号が少ない。
速度標識のない道も多い。速度標識がないということは時速60キロだよね。

実際の速度は問題がありそうなので記しませんが、実に快適にグングン南下した。
ちょっと混んだのは会津若松を通過するときくらいでした。

途中休憩は道の駅がある。ありがたいことです。

クリックすると元のサイズで表示します


南会津を通過するまでは、何度か「高速使おうかな」の気持ちが過りましたが、快適に走る一般道でその必要なしと一路秩父に向かってハンドルを握った。

こうして無事秩父まで一般道を走って来たけど、家に着いたときはさすがに疲れた。
私はハンドルを握っているときは眠くならない特技を持っていますが、夜中に戻って布団に潜り込むと岩のように眠った。

以前、北アルプスから一般道を帰って来たことがありますが、一般道走行の記録を大幅に更新です。



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
8

2016/11/9 | 投稿者: クロちゃん

月山は「がっさん」と読む。「つきやま」ではありません。ヽ(^o^)ρ
これは秋と冬を月山で合算の山歩記です。
「昨日の風はおさまり穏やかに晴れるでしょう。」天気情報の期待は見事に裏切られた日でした。
ひっそりとした広い駐車場に一抹の不安がよぎる。
「まさか」「またか」私の場合、まさかという坂が多いのです。

クリックすると元のサイズで表示します


今回歩いたコースはこちらです。
駐車場には綺麗なトイレと案内板があります。リフトがありますが、強風で運休中だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


登山口に車道を歩いて、協力金200円を払って出発です。駐車場は無料なので協力金は安く感じました。
このコース、楽チンな道が続きます。緩やかで、石の敷き詰めた道から木道となって続いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


空模様は、やっぱりねと、私に似合いの天気です。
嵐を呼ぶ男、見参だー。(^○^)/
紅葉はそれなりにですが、紅葉って、光があって美しいと思う。秋色がいっぱいの中でした。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、木道が山頂まで続いていたらどんなに楽でしょう。
しかし、百名山はそう簡単には登らせてくれません。
突然、そう突然石ゴロの急坂の道になりました。段差もあって、人一倍足の短い人間には結構キツイぜ。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、えっ、うそー!
山頂に近付くと冬の世界でした。寒いぜ。

クリックすると元のサイズで表示します


月山神社周辺は何も見えず…。
しかも、山頂標識も見つけられませんでした。(-_-)ゞ
山小屋も閉まっていました。公衆トイレが風除け寒さ対策の一番の憩いの場となっていました。
ちょっと臭いけど…。

クリックすると元のサイズで表示します


寒くて長居は無用!
さっさと下山開始です。
これから登る人たちとたくさんすれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します


降りるに連れて、天気も良くなって来て、紅葉もきれいに見えるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します


時々、雲の切れ間から日差しも現れた。

クリックすると元のサイズで表示します


駐車場に戻ると、出発時とまったく違う光景の満車状態でした。
今日は平日です。休日の日はどうなっているのでしょう。
さすがは百名山、東北の人気者です。

クリックすると元のサイズで表示します


次はぜったい、晴れた日にリベンジするぜー。

山歩日2016年10月7日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
7




AutoPage最新お知らせ