2016/11/20 | 投稿者: クロちゃん

近くの平標山や苗場山は人気の山で駐車場も混雑する。そんな人気の山の隣には、人影少ない静かな山歩きが楽しめる山がある。三国山から大源太山もそんな山だった。

クリックすると元のサイズで表示します


三国トンネル群馬県側の駐車場に着いたとき、車は一台もなかった。
やはり、変人・天の邪鬼の行動は普通の人の思考回路とはちと違うようだ。
秋の紅葉が始まっているこの日、多くの人は平標山や苗場山に向かっただろう。
いいさ、自由気まま足の向く方に歩こう。

クリックすると元のサイズで表示します


それでは、本日も出発進行♪
まずは、三国トンネルに向かって橋を渡り、トンネルぎりぎりの場所で右に体を90度回転させれば、三国峠に続く中部北陸自然歩道だ。
えっちらおっちらリズム悪く歩いて行くと、はい、三国峠です。
大地震のあと崩れ倒れていた石灯篭が復元されていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここから三国山には、脚の短い人間に辛い長い階段地獄が待っている。
ズボンをずりあげて、秘技「足長おじさん」の術を使おう。
\(\o-) → (-o/) ゝ ヘンシンッ! → \(〇¥〇)/トオッッ

クリックすると元のサイズで表示します


長い階段を登って行くと、三国山です。こちらには、「幸福の鐘」があります。
鐘を目の前にすると、鳴らしてみたくなるのはなぜでしょう。
カーン♪

クリックすると元のサイズで表示します


三国山からいったん下って、あっ、そうそう、三国山に行かずに途中からショートカットで大源太山へ向かう分岐もあります。でも、せっかくですから三国山で「幸福の鐘」を鳴らしましょう。
カーン♪

それなりに中途半端に美しいとは感じない紅葉した道を辿ると三角山です。
今年の紅葉は残念賞の光景が多いぜ。

クリックすると元のサイズで表示します


ここから激下り、アップダウンの喜劇じゃなくて悲劇の嬉しい道が待っています。
歩くことが楽しいと思えばどうってことのない道ですが、歩くことが苦しいと思う人には辛い道です。

クリックすると元のサイズで表示します


私の場合…。
(^u^;) ハァハァゼェゼェ・・・C= (-。- ) フゥッ(;-_-) =3 フゥ
喜怒哀楽、苦しい道のりも一歩から、大源太山が近付いた。

クリックすると元のサイズで表示します


大源太山の山頂はそれほど広くはありませんが、景色を眺めて休憩に快適なところです。
目の前に平標山を目にして、振り返って景色を眺め、グルッと360度に少し足りない展望があります。

クリックすると元のサイズで表示します


それにしても、やはり、脚が短い?
秘技「足長おじさん」の術を使おう。
\(\o-) → (-o/) ゝ ヘンシンッ! → \(〇¥〇)/トオッッ

クリックすると元のサイズで表示します


のんびりと休んでいたら、第一登人発見!
今日、初めて人に会いました。そのあと、続々と…。(ではなく、ポツポツと…。)
人気者の平標山や苗場山の近くで隠れた存在のように思っていましたが、大源太山は結構人気あるんですね。(それでも、会った人たちは全部で10人ほどでした。)

帰路は来た道をせっせと戻り、「満天星の湯」に寄り内湯で天井を眺めていました。

クリックすると元のサイズで表示します


注)天井を眺めても星はありません。湯ったりとすると自然に視線が天井にということです。

山歩日2016年10月15日
コースタイム
三国トンネルP6:10…6:45三国峠…7:40三国山…8:55三角山…9:25大源太山

駐車場にトイレ、売店などはありません。
途中のコンビニで、ヨブンイレブンにならないようにナナコちゃん。




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
9




AutoPage最新お知らせ