2016/11/26 | 投稿者: クロちゃん

榛名富士は「はるなふじ」と読む。ロープウェイで簡単に行ける山です。
歩いても、それなりに簡単に登れる山である。
ロープウェイ側をイメージで表とすると、今回、裏から登ってみました。
ゆうすげの湯近くの駐車場に車を止めて、笹が多い道をたどります。最初は平坦ですが、徐々に勾配がきつくなり、ひと汗掻く頃に山頂に赤と白で彩った春名富士神社に飛び出し、少し下ってロープウェイ駅です。

クリックすると元のサイズで表示します


ロープウェイが動き出す前なので当然のように人影なし。
景色を眺めて一休みとしました。
この時間でもトイレは使用可能でした。

クリックすると元のサイズで表示します


来た道を戻り(ピストン)、烏帽子ヶ岳の登山口に向かいます。
烏帽子ヶ岳は「えぼしがたけ」と読む。比較的簡単に登れる山です。
紅葉がきれいだ。

クリックすると元のサイズで表示します


烏帽子ヶ岳の道はルンルンと歩いて、分岐を過ぎて鳥居と狛犬の間を通ると様相が一変します。
まさか、吠えて噛みつかないだろうな。(犬苦手人間にはちと気になる存在)

クリックすると元のサイズで表示します


途中にある赤い鳥居と岩穴、岩穴は覗かなかった。クマが休んでいたらたいへんだぞ。
ここにはキツネさんが散乱していました。

クリックすると元のサイズで表示します


烏帽子ヶ岳もまた、最初は平坦ですが、徐々に勾配がきつくなり、足取りがちょっと重くなる頃、密生した笹原の山頂でした。

クリックすると元のサイズで表示します


あら、展望がない。
展望は南側へ少し下がった場所にあります。密生した笹を掻き分けるように進んで岩場の場所が展望台となっています。

クリックすると元のサイズで表示します


来た道を分岐まで戻り、鬢櫛山に向かった。
鬢櫛山は「びんぐしやま」と読む。何もない山です。
単なる通過点かな。

クリックすると元のサイズで表示します


榛名湖への下山の道は笹の密生、踏み跡も薄い。途中で道を間違えてロスしてしまいましたが、後で地図を確認すると「登山道不明瞭」とありました。
なるほど納得です。

榛名湖からの景色♪

クリックすると元のサイズで表示します


絶景かな、ぜーっけいかな〜。

クリックすると元のサイズで表示します


紅葉の季節、観光客でにぎわう榛名は脱出に時間を要しましたが、春名湖周辺を抜けると、あとはスムーズに車を走らせました。

山歩日2016年11月5日
駐車場7:15…7:25榛名富士登山口…8:05榛名富士…8:55烏帽子ヶ岳登山口…9:40烏帽子ヶ岳…10:30鬢櫛山…11:25駐車場




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ