2016/11/28 | 投稿者: クロちゃん

山梨県にある甲州高尾山を歩いた記録です。
大滝不動尊の駐車場に車を止めて、グルリ周回作戦でスタートです。
こちら、トイレもある嬉しいスタート地点だ。
まずは、舗装された道を「シャードウジャー」と、宮宕山登り口に向かった。

林道から白い富士山の頭が見えてテンションアップで急坂を登る。
ほい、剣ケ峰(宮宕山)、続いての山頂が甲州高尾山だ。
「えっ、もう山頂なの?」「早すぎ〜。」あまりにあっけなく山頂に着いたメンバーは拍子ぬけの表情でした。

クリックすると元のサイズで表示します


見渡す山々は白いベールがまとわりつくように神々しい光景でした。
もうちょっと時間が早かったら雲海が広がっていたでしょう。これも運かい。

クリックすると元のサイズで表示します


南アルプス方面の眺めも「最高に美味しい」と言わせてあげる。
このコース、富士山を右にずっと見て歩いていますが、逆光仮面で写真が撮りづらい。

クリックすると元のサイズで表示します


甲州高尾山・棚横手山は、過去4度の大規模な山火事がありました。皮肉にも、火事の影響で展望が良い山となっています。
稜線歩きも気持ち良い!d(-。∂)good!!

クリックすると元のサイズで表示します


危険箇所もなくファミリーにも親しまれると感じる、こんな素敵な山なのに出会った人は2グループだけでした。
振り返って、ススキと背景に白くうっすらの景色♪

クリックすると元のサイズで表示します


富士見台でまったりとコーヒータイムして、これから向かう棚横手山方面にしゃがみこんでジッとカメラを構えている姿を発見!
あそこに何かありそうだ。同じ道を辿って、先ほどの姿の場所に着いてキョロキョロすると、可憐なリンドウが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここはカメラのシャッターを押すでしょう。
富士山もだんだんと姿を現して来ました。やっぱり富士山が見えると嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します


逆光の富士山に立ち向かうポーズはこんな姿になります。

クリックすると元のサイズで表示します


小春日和の棚横手山は昼寝したくなるような空間でした。
はい、逆光でシルエットになった証拠写真♪

クリックすると元のサイズで表示します


いったん分岐まで戻って、ずっと一緒だった富士山を見納めして大滝不動尊に下ります。
途中、大滝の全景が眺められる場所がありますが、水量が少なく迫力はありませんでした。
でも、こんな山の上にデッカイ滝があるなんて、自然はなんて素晴らしいのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


この日は、天気に恵まれた小春日和の山歩きでした。

山歩日2016年11月13日
杣みちの会3名
コース
大滝不動尊駐車場9:15…車道テクテク…9:50登り口…10:00剣ケ峰…10:10甲州高尾山…11:00富士見台…11:45棚横手山(昼食)12:30…12:50分岐…13:15展望台…13:40大滝不動尊駐車場




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14




AutoPage最新お知らせ