2017/1/31 | 投稿者: クロちゃん

あしがくぼの氷柱は、「三十槌(みそつち)の氷柱」「尾ノ内渓谷(おのうちけいこく)の氷柱」の後発で観光名所となった場所であるが、交通事情と規模は一番優れているかもしれません。
西武秩父線「芦ヶ久保駅」近くにあって電車で訪れるのが可能です。車の場合、国道299号線からちょっと入った場所に広い無料駐車場があります。

三十槌の氷柱、尾ノ内渓谷の場合、電車からバスに乗り継がないとなりません。断然、車が便利ですが、道路凍結に注意です。

私は山帰りで寄ってみました。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


無料駐車場に車を止めて橋を渡り、右に曲がります。
チップが敷かれた足に優しい道を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します


環境整備協力金200円を入って氷ワールドに突入。
ε=ε=ε=( ^o^)/

ツララ ツララ ツラツラで ツララ ツララ ツラツラよ ツララ ツララ ツラツラの この世は私のためにある♪

クリックすると元のサイズで表示します


見ててごらんこの私 今に乗るわ玉のこし 磨きかけたこのツララ そうなる値打ちがあるはずよ♪

クリックすると元のサイズで表示します


弓をきりきり心臓めがけ 逃がさない ぱっと狙い撃ち♪

クリックすると元のサイズで表示します


神がくれたこの美貌 無駄にしては罪になる 世界一の男だけ この手に触れてもかまわない♪

クリックすると元のサイズで表示します


以前訪れた時よりも規模が大きくなっているように感じました。
力の入れようが違うのかな。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ひととおり見て回って所要時間30ほどでした。


クリックすると元のサイズで表示します


撮影日2017年1月29日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11

2017/1/30 | 投稿者: クロちゃん

早朝の国道299号を山に向かって走れ〜。
道路脇に残雪が多くなる頃に、尾ノ内渓谷の氷柱・左の矢印に従って狭い道に入ります。
道は凍ってなさそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します


駐車場に車を止めて、「尾ノ内渓谷氷柱入口」を徒歩で突入です。
徒歩以外はバツだよ。

クリックすると元のサイズで表示します


当然のように誰もいない静かな道を「とほとほ」と歩きました。
平坦な道で楽です。

クリックすると元のサイズで表示します


これからの時間、賑やかになるであろう氷柱入口に入っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


はい、これが尾ノ内渓谷の氷柱です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


滞在時間10分ほどで終了。
寒い朝だった。

撮影日2017年1月28日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
12

2017/1/29 | 投稿者: クロちゃん

秩父三大氷柱といえば「三十槌(みそつち)の氷柱」「尾ノ内渓谷(おのうちけいこく)の氷柱」「あしがくぼの氷柱」ですが、もうひとつの氷柱です。

小鹿野町市街地から尾ノ内渓谷に向かう途中にあります。
氷柱できてます。(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


規模は秩父三大氷柱に比べるとお世辞にも大きくないですが、穴場的存在でしょうか。
駐車場もありますが、国道からの入口が狭く一ヵ所の出入り口なので出入りに注意が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します


遠くから見ても、近くで見ても、氷柱は立派に成長していました。

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、こちらの氷柱は天然?人工?
ネットで調べると、小鹿野両神観光協会は「人工的に作った氷柱です。」と紹介していますが、YouTubeで地元の人が「自然の氷柱」と言っています。
果たして?
YouTubeは2013年1月投稿のものなので、以前は自然だったのが、今は人工的になったのでしょうか。
人工的なものは見られなかったけど…。
氷柱ミステリーだ。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します



撮影日2017年1月28日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ