2017/2/6 | 投稿者: クロちゃん

「そんなことしないよ。僕はシティボーイだから。」そういって優しく笑う顔。

クリックすると元のサイズで表示します


「あーっ、上から目線!お花はね。同じ目線で撮影するの。」そう言って、写真の撮影のことを色々と教えてくれた。
「写真はそれぞれ好みですから。」決して他人の写真をけなすことなく。

クリックすると元のサイズで表示します


尾瀬の隅々まで知り尽くしていて、何度も尾瀬の地に案内してくれた。花咲く頃、紅葉の頃、三本カラマツの紅葉はshinさんから教わったよ。
ビジターセンターの前で、「ここに立てば写るんだよ。」と並んだ日もあった。
尾瀬では「shinさーん。」と呼ぶ声が聞こえた。トレードマークは自慢の長靴かな。

クリックすると元のサイズで表示します


沢を渡ったり、自分が水没してもカメラだけは濡らさないように守ったり…。

クリックすると元のサイズで表示します


時には夜遅くまで飲んだりした。熱燗の日本酒が好きだったね。

クリックすると元のサイズで表示します


秘密の花園には2回ほどお供した。カメラを構える姿は独特のこだわりがあったね。

クリックすると元のサイズで表示します


山も歩いた。いっぱい行ったね。
会津駒ケ岳で偶然バッタリ会った時はびっくりしたよ。オサバグサの帝釈山は忘れらない思い出だよ。素敵な場所にいっぱい、いっぱい案内してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します


加仁湯や本澤温泉も楽しかった。
カラオケも歌ったね。

クリックすると元のサイズで表示します


「僕はね。野球少年だったんだよ。」「あの監督はダメだ。俺に監督やらせろ。」
野球の話になると、目を輝かせていたね。

shinさん、さようなら、安らかにお眠りください。
たくさんの思い出をありがとう。




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
10




AutoPage最新お知らせ