2017/2/11 | 投稿者: クロちゃん

山名や地名の読み方はむずかしい。読み方が分かると「なるほど!」と思うのだが、「なんて読むんだろう?」と勝手に解釈して読んでいると、正しい読み方が判明したときに、とっても得したような、他人に自慢したくなるような気持ちになって凄く嬉しくなったりもする。
「高柄山」は「たかつかやま」と読む。(*^^)v
私は「たかがらやま」だと思っていました。うん、「たかつかやま」のほうがなんとなくしっくりくるぜ。

四方津駅がスタートでした。四方津は「しおつ」と読む。(*^^)v
知らないと、これも読めませんね。
そういえば、秩父の読み方も知らない人には読めないなぁ。
素直に普通に読むと、「ちつちち」か。(*^_^*)
秩父は、はて?
なんと読むのでしょう。(“▽”*)
(;一一) ジロ ∞’’’ヾ(^o^ヾ)マテマテー
そんなことを言うと秩父人から「後ろ指さされ組」になってしまいそう。

さて、まだ陽が昇る前の寒い時間帯、山に向かって車道歩きです。
歩いても歩いても♪
体が温まらないくらい寒い気候でした。

クリックすると元のサイズで表示します


四方津駅から高柄山には、新大地峠経由のロングコースと千足へのショートカットのルートがある。
「安楽短」が好きな軟弱者の私はもちろん、迷わずショートカットの道を選んだ。
吊り橋を渡って、林道を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します


揺れる吊り橋は嫌いじゃないが、この吊り橋は頑丈に出来ていて、私の体重ではビクともしなかった。
車も通れる橋です。
橋の名前は…。
確認していません。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します


千足沢に沿った道を登って行きます。この沢は、中規模・小規模な滝が多い。
渓流釣りをやっていた昔の習性で、ついつい沢があると目がそちらに向いてしまう。
そして、無意識に釣りのポイントの流れを追いかける。
岩魚かヤマメの大物が潜んでいそうだ。あの木が邪魔だな。攻めるのは下流から右側(左岸)のあの岩に沿ってナチュラルに…。

クリックすると元のサイズで表示します


やがて、舗装の林道は終わり、本格的な九十九折りの登山道となっていった。
高柄山は標高733メートルの低山ですが、結構きつい登りが続いた。
「危険です」は登山道から外れていて、なぜ危険なのか確認していません。道なりに辿れば特に危険な場所はなく普通に二本足で歩けます。

クリックすると元のサイズで表示します


千足峠までの登りがきついだけで、その先はどうってことなく山頂でした。
せっかくだから、久し振りに自分撮り〜。
きつい登りですっかり暑くなって、防寒着を脱ぎすてた山スタイルです。
それにしても…。
顔デカー、脚短かー。地味にスゴイ体型だー。

クリックすると元のサイズで表示します


はい、これが、山に出没中の野生の血が騒ぐ怪人の姿です。
山頂からの景色はそれなりに…。
富士山の姿を探しましたが、この日はお留守のようでした。

クリックすると元のサイズで表示します


そうして、この先、地味にスゴイ高柄山の真骨頂、核心部が待ち受けていた。
(*^ー`) フ〜
高柄山を紹介しているハードなコースとか、タフなコースとか、なんとなく分かった気がするぜ。地味にスゴイ高柄山は人の姿が少ない静かな山だった。

続きます。

山歩日2017年2月4日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11




AutoPage最新お知らせ