2017/7/31 | 投稿者: クロちゃん

近くを通りかかると花の香り漂うヤマユリの季節です。今年はあちこちでたくさんの花を目にしている。
はい、これが「たくさんの花」です。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


昔むかし、夏の季節に少年時代の私の家から山の斜面に咲くたくさんのヤマユリの姿が見られた。
「ヤマユリの根はうめぇぞ。」ある日少年は近所の初老のおじさんからそんな言葉を聞いて、掘ってみようと思った。

次の日曜日、早起きして山の斜面を見つめるとなんとしたことでしょう。
あれほど咲いていたヤマユリの姿はひとつも見えない。少年は落胆したが、ヤマユリの咲いていたであろう場所に急ぎ足で行ってみた。
なぜか、ビー玉、ベーゴマ、メンコに竹とんぼを入れた菓子折箱を抱えていた。
ヤマユリの咲いていた場所は穴が掘ってあった。
「ちくしょう。俺が掘ろうと思っていたのに先に誰か掘っちゃったな。」
少年はヤマユリの咲いていた穴に菓子折箱を埋めた。
その次の年から山の斜面にヤマユリの姿は見られなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します


あれから〇〇年…。
少年は山から下りて街の暮らしを続けていた。少年はいつしか初老のおじさん、立派な中高年となっていた。

夢枕に、白装束に荒縄を締め、頭にロウソクの灯をともし、腰に一反の白い布をつけ、手には五寸釘と金槌を持ち、誰にも見られず、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走る老婆が立って、「すぐに山旅に出るのじゃ。山を越え沢を渡り、野を行くと古い家がある。その家の近く山の斜面に咲いている三十三の花をつけた山百合の根元に、お前の宝が埋まっておるぞ」と、告げたのです。

「ちょっと待ったー。なんですばやく走る老婆が立っているんだ!」\(`o’”)
「ゆ、夢ですから。」‘’‘ヾ(^o^ヾ)

目を覚ました中高年のおじさんは、お告げ通りに、白装束に荒縄を締め、頭にロウソクの灯をともし、腰に一反の白い布をつけ、手には五寸釘と金槌を持ち、誰にも見られず、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走って、1分もかからず息切れしました。
「だめだこりゃ。」中高年のおじさんはこの時気づいたのです。
「あっ、そうか。別に白装束も走る必要もなかったよ。」そうです。ゆっくり歩いていけば良いのです。
こうして、息を整えた中高年のおじさんは仕切り直しのカメさん歩きで出かけていきました。

クリックすると元のサイズで表示します


山を越えて小さな沢を渡るとなつかしい風景が目に入りました。
そうして、山の斜面に咲くヤマユリの姿を目にしました。
いつの間にか、一反の白い布が地に着かないようにすばやく走っていました。

見れば足元に、三十三の花をつけた山百合の花が咲いています。
「これだな!」
「ここほれワンワン」になって、五寸釘と金槌で花の根元を夢中で掘ると…。

ビー玉、ベーゴマ、風船ガムにニッキとえーと それから、メンコとおはじきと… 。あっ そうそう竹とんぼ、やったわやった。なつかしいなぁ。
♪でっかい夕陽を背中にしょって 影踏み遊びの子供が走る 涙の乾いた頬ほころばせ 明日に向って一直線に ねぇ君 ぼくはこう想うのさ♪

少年時代の想い出はヤマユリの花の根元に見つけた宝物

汚れた手で汗をぬぐうと、少年時代のように泥だらけの顔になって満足そうに立ち尽くす変なおじさんの姿があったとさ。
めでたしめでたし。

クロちゃん劇場「本当のような嘘の物語」でした。




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14




AutoPage最新お知らせ