2017/8/2 | 投稿者: クロちゃん

これは、行く手を阻む急流の沢を飛び越えた中高年の跋渉術である。

女は度胸女は愛嬌
(ん!ちょっと違うか。)(*^^*)

それでは、行ってみよう。
ある日のこと、北アルプスの山中を歩いていると、急流の沢が遮る場所に出くわしました。

クリックすると元のサイズで表示します


橋が架かっていれば問題はありませんが、自然の中では橋がない場所も存在します。
こういう時は、流れが緩やかでなるべく楽に通れる場所を観察します。
そうして、ここと決めたら勇気を持って挑みます。
覚悟を決めたら…。
\( ^∇^)/θえいっ。
と、若い人にはできるでしょうが、体力が減退している中高年には難関となります。
そんな時はチームワークで切り抜けよう。
ほれっ、ひとり!

クリックすると元のサイズで表示します


ほれっ、次!

クリックすると元のサイズで表示します


次々と飛び越えて、渡り終わった人は安堵の表情となります。
(*^ー`) フ〜

クリックすると元のサイズで表示します


画像では、「こんなところ大したないでしょ。」と見えるでしょう。
では、逆側から…。

果敢に挑んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します


女は度胸女は愛嬌
(ん!ちょっと違うか。)(*^^*)

濡れた石は滑りやすく、万一滑ってバランスを崩したら、急流の餌食となってしまいます。
くれぐれも慎重に大胆に行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


「わーっ、セーフ。」のポーズ。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでも、チームワークを発揮して切り抜けよう。

クリックすると元のサイズで表示します


ほい、ひとり!

クリックすると元のサイズで表示します


「ちょっと待って、心の準備が…。」
「大丈夫、ほら手を出して!」

クリックすると元のサイズで表示します


「せーの!ほい。」

クリックすると元のサイズで表示します


「ここ、ここ、この石を目掛けて。」

クリックすると元のサイズで表示します


「うーん。お、重い。」

クリックすると元のサイズで表示します


で、全員無事に通過しました。
足の短い私は、秘技・あしながおじさんの術を駆使して切り抜けた。
(-^〇^-) ハハハハ

次はこんな沢の場面です。

クリックすると元のサイズで表示します


「跳びます!」

クリックすると元のサイズで表示します


「行きます。」

クリックすると元のサイズで表示します


「走りまーす。」

クリックすると元のサイズで表示します


全員、中高年山歩き跋渉術を楽しんで、ほっとする場所でまったりと休憩時間となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、渡れそうな水量でしたが、増水して渡れそうもない場所だったら引き返す勇気も必要です。

山歩日2017年7月9日
杣みちの会10名




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
12




AutoPage最新お知らせ